ここから本文です

【法律相談】出会った頃は優しかった夫が結婚して一緒に生活するようになってから人格が変わってしまった…

Suits-woman.jp 7/18(月) 10:00配信

堅実女子のお悩みに弁護士・柳原桑子先生が答える本連載。今回の相談者は、夫の暴力に悩む亜希子さん(32歳・保険会社勤務)です。

「出会った頃は優しかった夫が、結婚して一緒に生活するようになってから人格がガラッと変わってしまいました。結婚してから2年になります。

私たち夫婦は、私が借金を返すために働いていた居酒屋のバイトで知り会いました。10歳年上の夫はそこの店長で、フランチャイズ展開する居酒屋チェーンの社員で幹部候補と言われているほどデキる男性でバツイチです。

後輩や従業員の面倒見もよく、そのお店は常に売り上げトップ。彼の年収は800万円近くあり、仕事熱心で見た目もカッコいい。一流大学を出ていて言うことナシの男性でした。彼に憧れている人も多く、まさか私が彼と結婚できると思わなかったくらい、ハイスペック男子でした。結婚するときは、彼が借金の半額(エステのローン50万円)を返済してくれるなど、私に対して”守ってあげたい”といつも言ってくれる人だったんです。

それで、結婚して家賃を払わなくなくてよくなったので、私もバイトをやめて就職活動に本腰を入れ、保険会社に内定をもらいました。思えばその頃から夫の態度は変わっていたかもしれません。その後、会社員の仕事に集中し、夫に借りた50万円を全額返済しました。それからは、生活費の半額も私が負担するように申し出ています。

それなのに、私がしっかりするようになってから、夫が家で暴言を吐くようになりました。残業しているかどうかLINEで何度も問い合わせて来たり、休日に家事ができていないことを指摘したり、私が話しかけても無視したり……。私が夫婦関係に応じないと“オマエはバカ女のくせに何なんだよ”と壁を殴っていました。

挙句の果てには、実家に行ったときに、親に借金をバラしたり、元カレのことを親に告げたり、しつこく過去の忘れたいことを蒸し返したり、暴言や嫌がらせを行ないます。今では、ダンナの足音がするたびに、吐き気がして、不眠気味に……。離婚したいのですが、この場合は慰謝料を取れるのでしょうか。

そのためにはメモや録音が必須ですか」

1/2ページ

最終更新:7/18(月) 10:00

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。