ここから本文です

【自転車レース】ポーランド一周第6ステージが大雨でキャンセル!

CYCLE SPORTS.jp 7/18(月) 9:20配信

今大会のクイーンステージが中止に

UCIワールドツアーの1戦である第73回ポーランド一周(ツール・ド・ポローニュ)は、7月17日にブコビナ・リゾートからブコビナ・タトジャンスカまでの194kmで、今大会のクイーンステージとなる山岳区間の第6ステージを行う予定だったが、大雨に見舞われてキャンセルになってしまった。

ポーランド一周は18日にクラクフで25kmの個人タイムトライアルを競って閉幕する。


■第6ステージまでの総合成績
1 ティム・ワロンス(ロット・ソウダル/ベルギー)23時間16分53秒
2 ダビデ・フォルモロ(キャノンデール/イタリア)+4分05秒
3 ティーシュ・ブノート(ロット・スーダル/ベルギー)+4分50秒
4 ファビオ・フェッリーネ(トレック・セガフレード/イタリア)+5分04秒
5 アルベルト・ベッティオル(キャノンデール/イタリア)+5分12秒
6 アンドレイ・ゼイツ(アスタナ/カザフスタン)+5分29秒
7 ローレンス・ウォーバス(IAM/米国)+5分38秒
8 ルベン・フェルナンデス(モビスター/スペイン)+5分44秒
9 ダリオ・カタルド(アスタナ/イタリア)+6分16秒
10 ダビデ・ビッレッラ(キャノンデール/イタリア)+6分25秒
86 別府史之(トレック・セガフレード/日本)+59分56秒

最終更新:7/18(月) 9:20

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。