ここから本文です

ポグバに142億円の価値あり! 元マンU主将が断言「新世代の象徴になれる男」

Football ZONE web 7/18(月) 10:42配信

ファーディナンド氏が史上最高額での買い戻しを支持

 “過大評価”や“高額過ぎる”という言葉が付きまとっている、フランス代表MFポール・ポグバの去就問題だが、マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドで、2000年代以降の黄金期をDFリーダー、そして主将として支えたリオ・ファーディナンド氏は、超高額オファーでの買い戻しを支持している。米衛星放送局「ESPN」に語った。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

「私が考えるに、1億2000万ユーロ(約142億円)というのはどんな選手に対してでも高いものだ。その金額に見合うとしたら、シーズンに40ゴール以上は決めてもらわないといけないね」

 ファーディナンド氏はこう語り、ポグバ獲得に必要とされる金額がどれほどの価値を持つかに対する自身の考えを述べた。その上で、ポグバにはユナイテッドがゼロ円移籍で放出した選手を世界最高額で買い戻すだけの価値があるという。

「彼はより素晴らしいリーダーになれる」

「ポグバはここ2年間ほどで世界最高のミッドフィルダーになろうとしている選手だ。彼はリーダーであり、さらに成長してより素晴らしいリーダーになれる。彼は、この与えられたチャンスによってユナイテッド新世代の象徴になれる男だ。ユナイテッドには強力なアタッカーがいる。だが、中盤と最終ラインには補強が必要だ」

 クラブのレジェンドは、ポグバへの投資を過大評価とは考えていない模様だ。英紙では19日にもメディカルチェックが行われるとも報じられ、ポグバの去就はユナイテッド移籍とユベントス残留に絞られてきた感があるが、世界を震撼させるメガディールの成否はどのような結末を迎えるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/18(月) 10:42

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ