ここから本文です

レアル、17歳ウーデゴーの処遇を巡り、ジダンとペレス会長が対立か

フットボールチャンネル 7/18(月) 7:40配信

 レアル・マドリーの17歳のMFマルティン・ウーデゴーの処遇を巡り、ジネディーヌ・ジダン監督とフロレンティーノ・ペレス会長の間に新たな対立が生まれるかもしれない。17日、スペイン紙『アス』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 この17日から始まるマドリーの北米ツアー。その参加選手の中にはノルウェー人のMFウーデゴーの名前も含まれている。しかし、この人選はペレス会長による現場干渉と現地メディアも見ており、ウーデゴーを未だトップチームの戦力と考えていないジダン監督はこれの決定を快く思っていないということだ。

 2015年の冬のマーケットで、当時16歳でマドリーに加入したウーデゴーは、昨シーズンはマドリーのBチーム、レアル・マドリー・カスティージャでプレーし、38試合に出場、1ゴールという成績だった。

 先日も、カルロ・アンチェロッティ元マドリー監督が、ウーデゴーの獲得はペレス会長によるマーケット活動であったと暴露しており、今回も同会長によるパフォーマンスをジダン監督は受け入れざるを得ない状況になったということだ。ペレス会長の現場干渉が、ジダン監督との間に新たな対立の火種を生む可能性も大いにありそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/18(月) 8:32

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。