ここから本文です

英6部オックスフォードで悲劇… 練習場で強化部長が死体で発見される

Football ZONE web 7/18(月) 13:40配信

オックスフォード・シティのテイラー強化部長が謎の死

 イングランド・ナショナルリーグ南部(6部リーグ相当)所属のオックスフォード・シティで、悲劇的な事件が起きた。朝のトレーニング前に、練習場でクラブの強化部長が死体で発見されたと英公共放送「BBC」が報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 事件が起こったのは、現地時間17日早朝だった。マーストン村マーシュレーンの練習場で倒れている男性が発見され、地元警察が駆け付けた時にはすでに息を引き取っていたという。その後の調査で、遺体は同クラブのディレクターであるコリン・テイラー氏であると判明した。警察のスポークスマンは「この段階では何も不審な状況はない」と事件性を否定しているものの、検視官が死因を調査しているという。

 クラブは深い悲しみとともに、遺族や友人に追悼の意を表している。テイラー氏とは25年以上の付き合いのオックスフォードのチェアマンであるブライアン・コックス氏は、この悲報に「ショックを受けている」と語っている。

 チームでプレーしているスコット・デイヴィスは「彼とは知り合って間もなかったけど、本当に素晴らしい人だったんだ」と語ったという。練習場で起こったショッキングなニュースは、イングランドサッカー界に衝撃を与えている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/18(月) 13:40

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。