ここから本文です

Muddy Apesのライブに感じる“距離の近さ” グルーヴに酔いしれた初のツアーファイナル

リアルサウンド 7/18(月) 15:00配信

 Muddy Apesが『Muddy Apes Japan Tour 2016, Go Apes Go!!!』のツアーファイナルを7月15日、新宿ReNYにて行った。このツアーは、6月15日にリリースされた3rdアルバム『Faraway So Close』を携えて全国5カ所をまわったもの。2012年にINORAN(Gt./LUNA SEA)、TAKA(Ba./FEEDER)、MAESON(Vo./8otto)、DEAN TIDEY(Gt.)といったワールドワイドで活躍するプレイヤー陣が集結して活動をスタートさせたMuddy Apesだが、リリースとライブは実に3年ぶり。開演前、会場に集まった観客たちの会話からも「久しぶりだね」とファン同士が再会を喜ぶ声が漏れ聞こえてきた。

 オープニングアクトとして出演したTears Of The Rebelが、重厚なサウンドによる堂々としたステージングで会場を盛り上げると、いよいよMuddy Apesがステージに登場。サポートドラムのMIYOKO(DETROITSEVEN)、コーラスのSUZUとともにメンバーが現れると、自然な流れでサウンドチェック代わりのセッションが始まった。各メンバーがそれぞれの楽器の鳴らす音を感じながら、3rdアルバム『Faraway So Close』同様「Comfy」からライブはスタート。MIYOKOの力強さと抜けのあるドラミングを土台に、TAKAのしなやかなベースとINORANが刻むギターがサウンドに奥行きを与え、DEANの力強いリフが乗る。各パートが明確な役割を果たしながら、冒頭からうごめくようなグルーヴが見事に構築されていった。アンニュイなMAESONのボーカルとSUZUのコーラスが響く「Get Going」や鼻歌のような心地よいサビによる「New Sunday」は、バンド独自のオルタナティブ感を体現。そして、INORANとDEANによるギターの掛け合いから始まった「Candy Luck」では、オーディエンスのハンド・クラップがバンドのテンションをさらに高めていった。

 演奏では凄腕を披露する彼らだが、それぞれのキャラクターが見え隠れするパフォーマンスもMuddy Apesの魅力のひとつ。MAESONの「みんな生きてるかー! みんな息しているかー! 魂燃やしてるかー!」というプロレスラーのような突然のMCが笑いを誘い、INORANの体全体で楽しさを表現する無邪気なギタープレイが、見ている者を笑顔にする。INORANと時折目配せしながらマイペースに音に酔いしれるDEAN、そしてそんなバンドメンバーたちを後ろで温かく見守りながらプレイするTAKA。アルバムタイトル『Faraway So Close』が「遠くにいても一番近くにいる」を意味するように、彼らのパフォーマンスからはお互いへのリスペクトと心の距離の近さを感じた。

 ツアー中の映像などを使用して製作されたMVが、本公演に先駆けて公開されたアルバムリード曲「How How How」の披露では、間奏のINORANのギターソロからジャムセッションへ。ラストサビではアカペラの合唱も起こり、会場に一体感が生まれた。DEANのエフェクトがかった泣きのギターリフが印象的な「Space Monkey」では、MAESONの色気を放つボーカルとTAKAが作り出す艶やかなグルーヴが、あらゆる国境や時空を越えたMuddy Apesのサウンドを作り上げていると実感。続く「IZANAE」ではINORANのボルテージが急上昇、積極的にメンバーの元へ歩み寄りプレイ。その流れでINORANに突進されたMAESONもスイッチが入り、オーディエンスへむけた前のめりなマイクパフォーマンスで会場を沸かせ、「Tequila No.5」「Wave」と妖しげなサウンドとグルーヴがうごめく2曲を披露した。

 その後の「Red Moon」は、INORANがアコースティックギターに持ち替え、これまでのテンションとは一変、柔らかな質感のサウンドを奏でた。バンドの表現力の幅が伺えた一曲だ。MIYOKOのドラムを囲み、ドラムのカウントで勢いよくはじまった「Peep Show」では、MAESONが用いたカウベルの音色がエキゾチックなバンドサウンドを彩った。

 「元気ですかー! 新宿ー! さみしいね、終わっちゃうの。最後まで盛り上がっていきましょう!」というINORANのMCにかぶせるように、DEANのリフで口火を切った「Kizuna Drive」「Zion」「Rola Rola」で会場の盛り上がりは最高潮に。ここまで終始クールだったTAKAも前方へ現れ、メンバー全員で踊りまくる。半円型の会場壁面を囲ったLEDも煌びやかに輝くパーティームードのなか、MAESONが「まったく同じみんなで会おう!」と「Generation 555」の掛け声から同曲へ。ヒートアップしたMAESONはステージを飛び出してフロア前方の柵に登り、大興奮のオーディエンスと一番近いかたちで全17曲のパフォーマンスを終えた。そして、ステージを去ろうとするメンバーたちへ割れんばかりのアンコールを求める声援が飛び交うと、INORANが「また必ず戻ってくるから、忘れんなよ!」とオーディエンスとの再会を誓い、アンコールとして再び「Get Going」を披露。すさまじい熱気と高揚感に包まれながら、ファイナル公演の幕を閉じた。

 Muddy Apesのライブはオーディエンスはもちろん、メンバーも純粋に空間に響くサウンドを楽しむ姿が印象的だった。この余韻が残るうちに、ぜひ次の再会が実現してほしい。

久蔵千恵

最終更新:7/18(月) 15:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。