ここから本文です

“爆買い”後の大コケの悪例に… 55億円で中国移籍のコロンビア代表FWが半年で欧州復帰を切望

Football ZONE web 7/18(月) 15:18配信

ブラジルW杯日本戦で2ゴールのFWマルティネスが中国で燻る日々

 衝撃の55億円移籍で中国リーグの“爆買い”の象徴となった広州恒大のコロンビア代表FWジャクソン・マルティネスだが、わずか半年にしてヨーロッパへの帰還を希望している。ポルトガルメディア「オ・ジョゴ」が報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)で、アルベルト・ザッケローニ監督率いる日本代表に引導を渡すゴールを決めたマルティネスは、2015-16シーズンに3年連続ポルトガルリーグ得点王という看板をひっさげてポルトからアトレチコ・マドリードへと移籍した。しかし、闘将ディエゴ・シメオネ監督の下でレギュラーをつかめず、今年1月に当時のレートで約55億円もの移籍金で広州に加入。アジアチャンピオンズリーグ(ACL)連覇への切り札として期待され、加入後2試合で2得点を挙げて実力の片りんを見せた。

 しかしその後はケガもあって調子は下降線に。ACLで同組になった浦和レッズ相手にも2試合無得点と封殺され、昨年のアジア王者広州のACLグループステージ敗退の戦犯となってしまった。中国でのプレーに嫌気が差したのか、同紙によると「現在中国の広州恒大に所属しているジャクソン・マルティネスは、欧州フットボールへの帰還を望んでいるようだ」と伝えている。

 極東で完全に燻っている状態のマルティネスに対して手を差し伸べるクラブは存在する模様で、「このニュースはポルト、他のビッグクラブが中国でアイドル的存在となっているコロンビア人FWの契約に前向きになるものだ」としている。

市場価値34億円、手を挙げるクラブは?

 マルティネスの現在の市場価値は3000万ユーロ(約34億円)ということで、古巣のポルトにとってもかなり高額な金額設定となっている。一方、イタリアメディアではユベントスや日本代表FW本田圭佑所属のACミランも候補に挙がり、イタリアを新天地に求めているとの報道がある。

 マルティネスは2014年ブラジルW杯でザックジャパンから2ゴールを奪い、日本代表の主力が掲げていたW杯優勝という野望に終止符を打った日本キラーでもある。現時点では“爆買い”の波に乗って大コケした悪例となっているマルティネスは、希望どおりに欧州復帰を果たし、そのキャリアを再生できるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/19(火) 12:36

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。