ここから本文です

J・コール、“美しいバイシクルキック“で先制弾。選手も自画自賛「素敵なゴール」

フットボールチャンネル 7/18(月) 10:10配信

 現地時間17日にNASL(アメリカ2部)の試合が行われ、タンパベイ・ローディーズとプエルトリコFCが対戦。この試合中に、タンパベイに所属する元イングランド代表MFジョー・コールが美しいシュートを決めていた。17日に英紙『テレグラフ』が報じている。

 コールはかつてチェルシーやリバプール、アストン・ヴィラなどでプレー。今年5月にコヴェントリー・シティとの契約が満了になった後、タンパベイに加入していた。

 試合開始して10分、味方がスローインをゴール前にいたコールに向けて投げると、一回バウンドした後にコールが胸トラップでボールを宙に浮かす。そのままバイシクルキックの形でシュートを放ち美しいゴールを決めた。

 この得点に関してコールは「試合の中で最初のゴールを決めることは常に良いことであるし、素敵なゴールだったね」と語り、自画自賛している。この得点が先制点となり、その後に追加点を決めたタンパベイは3-0の勝利をおさめた。

フットボールチャンネル

最終更新:7/18(月) 10:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)