ここから本文です

移籍2戦目で骨折の名古屋MF扇原 ブンデスからも狙われたレフティーを襲った悲劇

Football ZONE web 7/18(月) 19:08配信

左第3および第4腰椎横突起骨折で、全治4~6週間とクラブが発表

 名古屋グランパスMF扇原貴宏が、J2セレッソ大阪からの移籍2戦目で悲劇に見舞われた。13日に行われたJ1セカンドステージ第3節の鹿島戦で負傷交代。診断の結果、左第3および第4腰椎横突起骨折で全治4~6週間の離脱になるとクラブが発表した。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 C大阪の下部組織から生え抜きの扇原は、9日のセカンドステージ第2節川崎フロンターレ戦の前に名古屋に移籍した。そして、2試合目の出場となった鹿島戦の前半終了時に途中交代となった。単純レントゲン検査、CT検査、MRI検査という精密検査を受けた結果、骨折していることが判明し、約1カ月の離脱が明らかになった。

 扇原は12年のロンドン五輪で、6試合中5試合で先発。関塚ジャパンの主力として4強進出に貢献した。日本代表としても1試合に出場し、2013年には左足から繰り出される正確な長短のパスが評価される形で、ブンデスリーガのニュルンベルク(現在2部)からも獲得オファーが届いていたが、今季はC大阪で出場機会を失い燻っていた。

 ブンデスから狙われた男は、移籍直後の故障という悪い流れを断ち切ることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/18(月) 19:08

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。