ここから本文です

リバプール新GK、足元の技術に不安…ファンも唖然「まるでミニョレのクローン」

フットボールチャンネル 7/18(月) 10:40配信

 今夏の移籍市場でマインツからリバプールに移籍したGKロリス・カリウス。正守護神のシモン・ミニョレに代わる選手として期待が寄せられていたが、練習試合のパフォーマンスにより、ファンからの信頼が低下しつつあるようだ。17日に英紙『メトロ』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 現地時間17日にリバプールはウィガンと練習試合を行い2-0の勝利をおさめた。結果的に無失点に終わったものの、GKカリウスは味方からのパスをトラップミスし、危うく相手選手にゴールを決められそうな危険な場面があった。

 ファンはツイッターを通じて「カリウスが練習試合でミスをした。ミニョレレベルのミス」や、「リバプールはまるでミニョレのクローンみたいな選手を買ったようだね」と言った声。また、「カリウスはボールを持つだけでもミスをするから退屈だ」と言った批判の声が相次いでいる。まだ本調子に戻っていないとは言え、あまり良くない印象を与えてしまったようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/18(月) 10:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。