ここから本文です

鳥栖の楠神順平、W・シドニーへの完全移籍が決定「ここで得た経験を糧に頑張る」

フットボールチャンネル 7/18(月) 10:42配信

 J1リーグのサガン鳥栖が18日、28歳のMF楠神順平がオーストラリア1部のウェスタン・シドニー・ワンダラーズに完全移籍することを発表した。

 W・シドニーを率いるトニー・ポポヴィッチ監督はかつて小野伸二や高萩洋次郎など日本人選手を獲得した経験がある。今回も日本人選手の獲得を望み、最有力候補として楠神の名前が浮上していた。楠神は過去に川崎フロンターレやセレッソ大阪などでプレーしている。

 楠神は鳥栖のオフィシャルサイトを通じて「この度、ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFCに移籍することが決まりました。この移籍を受け入れてくださった社長はじめ、サガン鳥栖の関係者の皆様にはとても感謝しています。

シーズン半ばでサガン鳥栖を離れるのはとても心苦しいですが、ここで得た経験を糧にさらに成長して、次のチームで活躍出来るように頑張ります。オーストラリアでもサガン鳥栖の活躍を祈っています。半年間という短い間でしたが応援してくださり本当にありがとうございました」と語り、感謝の言葉を述べている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/18(月) 11:53

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。