ここから本文です

涙腺崩壊! アーセナル浅野の広島最終戦“号泣スピーチ”が英国で話題に

Football ZONE web 7/18(月) 20:50配信

英紙が異例の特集「アサノが号泣」 横浜FMとの最終戦でアシスト締め

 サンフレッチェ広島の日本代表FW浅野拓磨は、17日のJ1セカンドステージ第4節横浜F・マリノス戦(2-2)でラストゲームを戦い、試合後の惜別セレモニーでは大粒の涙を流した。そして、その号泣ぶりが早くもイングランドメディアで特集されている。

【写真特集】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 英紙「メトロ」は、「アーセナルに新加入のタクマ・アサノがサンフレッチェ広島の最後の出場で号泣」との見出しで特集している。

 記事では「北ロンドンへの移籍のために準備するアサノは、大観衆の前で涙をこらえるのに必死だった。別れのセレモニーは非常にエモーショナルなものとなった。アーセナルファンは、ベンゲル監督が原石を発見したことを祈っている」とレポートされている。

 横浜FM戦で浅野は得点こそ奪えなかったものの、FW佐藤寿人のゴールを演出するなどエディオンスタジアム広島に駆けつけた2万5845人に自らの勇姿を刻んだ。

家族から花束を受け取ると号泣

 そして試合後のセレモニーでは、「広島に来て高校卒業とともにサッカー選手となり3年半が経ちましたが、この広島でいろいろな経験をさせていただきました。決して楽しい経験ばかりではなく、苦しい、悔しいことが多かったですが、支えてくれたのはファン・サポーター、関わってくれたすべての皆さん、チームメイト、スタッフ、何よりも家族が支えてくれました」とクラブへの感謝を語り、両親と妹から花束を受け取ると涙腺が崩壊した。

 フランス代表FWオリビエ・ジルーらアーセナルの前線には、各国代表クラスが並ぶ。国際経験の少ない浅野はレンタルに出される可能性が高く、将来性を買われた補強とも言われている。しかし、浅野はセレモニーで「新しい地での挑戦はより厳しい環境になってくると思いますが、目の前のことに対して100%の力で頑張りたいと思います」と涙ながらに語った。

 6月のキリン杯ボスニア・ヘルツェゴビナ戦では、決定機に消極的な横パスを選択。試合後には悔しさから涙を流した。“号泣ストライカー”ぶりが早速英国で報じられた浅野は、ガナーズのニュースターへの階段を一歩上がったと言えるのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/18(月) 20:50

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革