ここから本文です

王様ペレがリオ五輪に便乗で75歳の歌手再デビュー! 「希望」の歌を全世界に届ける

Football ZONE web 7/18(月) 21:30配信

ソーシャルメディアを通じて怪気炎 「聞いてもらえるのが待ち遠しいよ」

 元ブラジル代表の伝説的FWペレが、8月開幕のリオデジャネイロ五輪に便乗し、なんと歌手として再デビューを果たした。

【写真特集】マラドーナの後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」

 通算3度のワールドカップ優勝を飾るなど「サッカーの王様」と呼ばれる伝説のストライカーは、15日に新曲「エスペランサ(希望)」をリリースした。ペレ自身もソーシャルメディアで「エスペランサという名前の曲を作曲して、録音したんだ。7月15日にみんなに聞いてもらえるのが待ち遠しいよ」と怪気炎。マイクの前で、渾身の笑顔で右手拳を力強く挙げる写真も添えていた。

 サンバの国出身というだけあって、ペレは現役時代の1960年から音楽活動をスタートしている。大御所歌手ジウベウト・ジウ参加の「ペレ・ジンガ」というアルバムもリリースしたこともあるほど、音楽に対しての愛情も深い。

 ペレは75歳にして3度目の結婚をしたばかり。現在は「ペレ 伝説の誕生」という自身の伝説を描いた映画が公開となっているが、今度は歌手再デビューまで果たした。普段はサッカー王国のご意見番として、ブラジル代表FWネイマールら現役選手に苦言を呈するペレだが、その精力的な活動は多岐に渡っている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/18(月) 21:30

Football ZONE web