ここから本文です

マンU出身の“元神童”が韓国移籍か!? プロデビュー弾で脚光浴びた「未完の大器」

フットボールチャンネル 7/18(月) 12:35配信

 元マンチェスター・ユナイテッドのイタリア人FWフェデリコ・マケダが、韓国・Kリーグに移籍するかもしれない。韓国紙『コリアデイリー』が報じている。

 ユナイテッドの下部組織出身のマケダは、2008/09シーズンにサー・アレックス・ファーガソン監督(当時)のもとプロデビュー。その試合の後半アディショナルタイムにいきなりゴールを決めたことで“神童”として大きな脚光を浴びた。

 しかしその後はトップチームに定着することなく、サンプドリアやQPR、シュツットガルト、ドンカスターなどのクラブへの期限付き移籍を繰り返し、2014年夏についにユナイテッドを退団。

 フリーでノッティンガム・フォレストへ加入し、昨季後半戦はカーディフにも期限付き移籍するなど、その才能を開花させることなく様々なクラブを転々としている「未完の大器」でもある。

 同紙によれば、マケダに対してKリーグの2~3クラブが問い合わせを行っており、移籍金は8億ウォン~11億ウォン(約8000万円~約1億1000万円)とされている。

 なお、韓国の移籍市場は今月29日までとなっており、Kクラブ間で争奪戦が続くことになるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:7/18(月) 22:17

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。