ここから本文です

C大阪、マケドニア代表FWを期限付きで獲得か…テクニックに優れるドリブラータイプ

フットボールチャンネル 7/18(月) 14:10配信

 セレッソ大阪は、ジュピラーリーグ(ベルギー1部)のロケレンに所属するマケドニア代表FWベサルト・アブドゥライミの獲得に近づいているようだ。

【写真】平畠啓史さんが選ぶ、J1 1stステージベストイレブン。優勝の鹿島からは最多4人を選出!

 ベルギーメディア『voetbalnieuws』によれば、半年間の期限付き移籍での獲得が近づいているという。

 昨季はカザフスタンのアスタナでプレーしており、この夏からロケレンに復帰しているが、再び他クラブにレンタルさせる意向のようだ。

 ユース年代ではクロアチア代表に選出されているが、A代表ではマケドニア代表を選択。12キャップを保持しており、1得点を記録している。

 欧州ビッグクラブを含めた世界中のスカウトも利用している『Wyscout』が集めたデータより、アブドゥライミのプレーを分析する。

 右サイドを基本ポジションとしており、積極的なドリブルで相手DFに仕掛けていくドリブラータイプの選手だ。ゴールシーンでは、ドリブルで中央にカットインしてミドルシュートやエリア内に侵入してゴールを奪うことが多い。

 足元の技術に優れたテクニシャンでもありチャンスメークもできるが、やや球離れが悪いところは難点か。

 C大阪はこの夏にFWブルーノ・メネゲウが中国の長春亜泰に移籍したことで、攻撃陣の穴がひとつ空いていた。

フットボールチャンネル

最終更新:7/18(月) 14:15

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)