ここから本文です

仙台MFキム・ミンテ、追加招集で韓国五輪代表入り。水戸DFは負傷で辞退

フットボールチャンネル 7/18(月) 17:11配信

 ベガルタ仙台は、MFキム・ミンテがリオ五輪に臨む韓国代表メンバーに招集されたことを発表した。

 一方、J2の水戸ホーリーホックもDFソン・ジュフンが16日に行われたJ2第23節のFC岐阜戦で負った負傷により代表を辞退することも発表している。

 韓国サッカー協会(KFC)によれば、キム・ミンテはソン・ジュフン辞退による代替招集となる。

 190cmの長身を誇るソン・ジュフンはU-23韓国代表の主軸として23試合に出場していたが、岐阜戦で全治3ヶ月の負傷を負ったことでリオ五輪は絶望的となった。

 22歳のキム・ミンテは今季は2試合の出場に留まっているが、U-23韓国代表のシン・テヨン監督が守備的な中盤に加えてセンターバックもプレーできる点を高く評価。Jリーグ通算で18試合4ゴールと得点能力も高く、U-23韓国代表としては10試合に出場している。

 仙台のオフィシャルサイトを通じ、「メンバーに選出され、夢のようです。ベガルタ仙台で培った力を世界に見せつけてきます! 怪我なく、さらに成長して戻ってきたいと思います」と意気込みを語っている。

 本大会では、韓国はフィジー、メキシコ、ドイツと同じグループCに組み分けられている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/18(月) 17:26

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。