ここから本文です

本田、ますます窮地に。ミラン新監督が右WGスソの残留を懇願、先発に定着か

フットボールチャンネル 7/18(月) 20:40配信

 本田圭佑のミランでの立ち位置は日に日に厳しいものとなっているようだ。18日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 ミランは現地時間の16日にヴィンチェンツォ・モンテッラ新監督にとって初の実戦となったボルドーとの親善試合を戦った。この試合で4-3-3の右ウイング(WG)としてプレーした22歳FWスソは2得点を挙げ勝利に貢献している。

 モンテッラ新監督は4-3-3の布陣を採用しており、本田は右WGでの起用が予想されている。しかし、ボルドー戦でのスソの活躍をみたモンテッラ監督は、同選手を絶対に残留させるようクラブに懇願したとのこと。これにより今季はスソが先発に定着するのではないかと予想されている。

 本田は契約期間が今季終了時点で満了することで、今夏に新戦力に背番号10番を明け渡すか放出されるのではないかとの噂が度々挙がっている。現在は負傷で親善試合に出場することができていない本田だが、プレシーズンで巻き返しを図ることはできるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/18(月) 21:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。