ここから本文です

続く低金利時代、個人が「儲ける」方法はあるのか?

Forbes JAPAN 7/18(月) 14:00配信

私たちはもう金利で儲けることはほぼないだろう。なぜこんなに利率が低いのか。それについて私たちには何ができるのか。金融コンサルティング会社キャピタル・インサイト・グループのストラテジスト、ルイス・J・ウォーカーに聞いた。



7月1日付のウォール・ストリート・ジャーナル紙が報じたとおり、米10年債の利回りが1.385%という「史上最低水準」に達した。これほどの低水準は1790年2月以来のことだ。

なぜ10年債の利回りがそれほど重要なのか。FRB(米連邦準備制度理事会)は「フェデラルファンド金利(FF金利)」として知られる短期金利を設定している。現在のFF金利(誘導目標)は0.25%~0.50%。連邦準備銀行に預けられている準備預金(フェデラルリザーブ)を民間銀行同士で貸し借りする際の金利だ。FF金利は「金融緩和」または「金融引き締め」についてのFRBの意図を示すものとされている。

FRBが操作するFF金利とは対照的に、10年債の利回りは、世界各地の債券購入者(いわゆる債券自警団)の間での需要に大きく左右される。たとえばブレグジット決定後など、安全資産に資金が流れると買い圧力が債券価格を引き上げ、逆に利回りを低下させる。

高金利の時代はもはや過去

これまでで10年債の利回りが最も高かったのは1981年9月の15.82%。ポール・ボルカーFRB議長(当時)が、ジミー・カーター大統領(当時)政権時代からのインフレ率抑制を狙って、FF金利の誘導目標を20%に引き上げた時だった。1980年12月には、プライムレートは21.5%に上昇していた(現在は3.50%)。

年配の投資家たちは、1981年の高い貯蓄金利を覚えている。だがこれは荒唐無稽な話だった。1980年のインフレ率は13.5%、対して現在のコアインフレ率は2.2%。連邦税の限界税率は現在の39.6%に対し、当時は70%だった。所得税の夫婦合算申告の場合は課税所得6万ドル(約625万円、2016年の価値で15万8,572ドル=約1651万円)、独身者申告の場合課税所得3万ドル(約312万円、現在の価値で7万9,286ドル=約825万円)で税率が54%だった。つまり当時は利回りが高くても、税やインフレ率を差し引いて調整すれば、損益ゼロなら幸運というところだったのだ。

1/2ページ

最終更新:7/18(月) 14:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。