ここから本文です

愛するチームへのブーイングは是か非か? 白熱のさいたまダービー後、浦和の柏木が疑問を呈す

SOCCER DIGEST Web 7/18(月) 1:35配信

「納得がいかない。3連敗のあとだったら、受け止めているが…」。

 
[J1・第2ステージ4節] 浦和レッズ 2−2 大宮アルディージャ
7月17日/埼玉スタジアム2002
 
 
 浦和対大宮のさいたまダービーは、両チームが攻め合う白熱の展開になった。後半途中からは選手たちも「オープンな展開になった」と言っていたが、それでも緊張感の途切れることのない90分間だった。

【J1採点&寸評】浦和×大宮|「特別な一戦」は組織と個の特長を発揮し合う好ゲーム。浦和の柏木、武藤、関根が活躍。MOMは同点弾を叩き込んだマテウスに。

 結果は2-2のドロー。試合直後、相次いで選手たちがピッチに倒れ込み天を仰いだ。

 とはいえ、さいたまダービーは、サポーターにとっても「特別な一戦」。すると試合後、浦和サポーターで埋め尽くされたゴール裏に選手たちが挨拶に行くと、相反するふたつの反応があった。

 大半のサポーターが拍手を送るなか、一部からブーイングが起きたのだ。最前列で「34分の1」に「×」(34試合の中の1試合ではない)という横断幕を掲げたサポーターの姿は、スタジアム内の大型ビジョンにも映し出された。
 
 ただそのブーイングに対し、浦和の柏木陽介はサポーターに訴えかけるように手を広げて首を傾げ、「なぜ」とアピールした。その後も柏木は観客の反応を感じ取るように、スタジアムに目を配っていた。

 試合後、柏木はその想いについて語った。
 
「正直、勝たなければいけない試合だった。(勝てたとも言えたか、負けずに済んだか?)そういうことではなく、絶対に勝たなければダメだった」
 
 まず、柏木はこの一戦に懸けていた想いをそのように話した。

 そのうえで、「ただ、負けてはいない。だからハーフタイムと試合後のブーイングには、納得がいかない。それに5連勝のあとの引き分け。そういう時こそ、温かく『次行こうぜ』と言ってくれるのが、チームではないかと思う。3連敗のあとだったら、受け止めている」と、ブーイングに対し疑問を投げ掛けた。
 
「一緒に戦ってほしい。今日は浦和の全員が戦っていたし、一生懸命汗を流したうえでの結果だった。前向きになれる試合だったのではないだろうか。別に俺が叩かれてもいい。浦和はビッグクラブだけど、皆さんの選手へのリスペクトがもう少しだけあってもいいのかなと思う」
 
 柏木が強調したかったのは、「ひとつになって戦う」こと。さいたまダービーの特別な雰囲気を作り上げてくれたからこそ、ここで今一度「ひとつ」になるのが大切ではないかと訴えかけていた。
 
 もちろん「順位的にも大宮は下にいる。その意味でも勝たなければいけない相手だったと言えた」(宇賀神友弥)と受け止める声もあった。

 果たして応援するチームに対するブーイングは本当に大切なのか? どういったタイミングでするのが、より意味や効果があるのか。そういった問題について、柏木の発言が、今一度考える機会を与えたのは確かだ。

 一方、試合内容について、柏木はいくつも反省点を挙げていた。
 
 まず攻撃面で、前半から全体的に気持ちが前のめりになっている印象を受けたという。


 

1/2ページ

最終更新:7/18(月) 13:20

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。