ここから本文です

【J1採点&寸評】G大阪×福岡|G大阪は攻撃陣が振るわず。福岡の神山が、またも"神セーブ"

SOCCER DIGEST Web 7/18(月) 7:00配信

G大阪――GKの東口がさすがの存在感。右SBの米倉も迫力の攻撃参加を披露。

【チーム採点・寸評】
G大阪 5
右サイドを中心とした攻撃でチャンスは作ったが、ゴール前での精度を欠いた。守備でも福岡のカウンターで決定機を作られる場面もあり、勝点1が妥当な試合だった。

【G大阪|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 6.5
前半に城後のシュートを防いだセーブはさすが。最後まで集中力を切らさず、2試合連続の無失点に貢献した。

DF
14 米倉恒貴 6.5
積極的なオーバーラップでチャンスを量産。30℃近い気温のなかで、終盤まで迫力ある攻撃参加を披露した。

5 丹羽大輝 5.5
カウンターでラインの裏を破られる場面もあったが、無失点は評価できる。空中戦の強さも見せた。

8 岩下敬輔 5.5(76分OUT)
負傷明けの試合でさすがのビルドアップ力を見せ、チャンスを演出したが、終盤やや息切れして交代。味方のミスでカウンターを受けた場面、プロフェッショナルファウルの判断も速かった。

4 藤春廣輝 6
オーバーラップをケアされて、攻撃で目立つ場面はなし。しかし守備の仕事は完遂し、左サイドを破られるシーンはほとんどなかった

MF
15 今野泰幸 6
さすがのボール奪取力で中盤を引き締めた。軽率なミスもあったが、やはり攻守においてその存在感は大きく、試合途中からCBも無難にこなした。

21 井手口陽介 6
豊富な運動量で広範囲をカバーし、試合終盤もアグレッシブなプレーを継続。88分のミドルシュートをねじ込んでいれば、ヒーローだった。

11 倉田 秋 5.5
前節のボランチではなく、2列目で起用されて攻撃のアクセントに。ただゴール前の精度が少し足りなかった。

13 阿部浩之 4.5(64分OUT)
前半訪れた決定機を逃し、その後はミスを引きずったか。やや消極的なプレーも目立ち、不完全燃焼に終わった。

7 遠藤保仁 6
味のあるパスで攻撃を牽引し、クロスの精度も高かった。しかしトップ下としてはゴール前に進入する回数は少なかった。

1/3ページ

最終更新:7/18(月) 7:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。