ここから本文です

浅野拓磨に宿る紫の誇り――。ラストゲームの悔しさは世界で晴らせ!

SOCCER DIGEST Web 7/18(月) 7:00配信

「どこか“僕らしい”というか、サッカーの神様がもっともっと頑張れと言ってくれている気がする」

[J1・第2ステージ4節] 広島2−2横浜 7月17日/Eスタ
 
 クラブ所属歴4年、通算58試合・12得点――。浅野拓磨が残した数字は、24年に渡るサンフレッチェ広島の歴史において、決して突出したものではない。しかし――。移籍する選手に対する壮行セレモニーはクラブ史上初。そして、エディオンスタジアム広島に響き渡ったチャントや声援は、この若者がファン・サポーターにどれだけ愛され、大きな存在だったかを如実に物語っていた。

【PHOTO】浅野拓磨の国内ラストマッチ、涙のセレモニー



 広島でのラストゲームは、中澤佑二とファビオの強力CBを中心とした横浜の堅守に撥ね返され、思うようにゴールにアタックできず。柏好文からパスを受けてギアを上げ、ペナルティエリアに侵入して左足を一閃した57分の場面も、シュートは力なくGK正面に飛んでしまった。逆転勝利に一縷の望みをつないだラストプレーも、トラップミスで無念のタイムアップ。ゴール&勝利で晴れ晴れとアーセナルに旅立つという「ハッピーエンド」は訪れなかった。
 
「決して良い終わり方だったとは思いませんし、悔しいまま広島を去らないといけない。でも、どこか“僕らしい”というか、サッカーの神様がもっともっと頑張れと言ってくれている気がします」
 
 これまで自分を支えてくれたファン・サポーターに少しでも恩返しがしたい――。彼らを笑顔にすべく勝利を追い求めただけに、浅野は引き分けという結果に悔しさを隠さなかった。しかし、旅立ちの日に直面した試練は、決意を固くするきっかけになったようだ。
 
「自分が苦しい時、悔しい時、嬉しい時、楽しい時、いつでもそばにいてくれたのが広島のファン・サポーターの方々。特に自分が苦しいなと思っている時にこそ、奮い立たせる言葉をかけてくれた。皆さんに恩返しをしないといけないと思っていましたけど、なかなかプレーで表わすことができず、サッカーは簡単じゃないと改めて感じました。だからこそ、何か強い気持ちが自分の中で生まれたというか、頑張らないといけないなと」

1/2ページ

最終更新:7/24(日) 3:43

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。