ここから本文です

【磐田×川崎】夏の珍事!? 磐田の術中にハマった川崎が「オフサイド12回」を記録

SOCCER DIGEST Web 7/18(月) 12:00配信

「こっち側からしたら、裏行けちゃうなという感じだった」と語る小林悠。

 オフサイドを告げる笛が鳴るたび、「またか」という空気がヤマハスタジアムを包み込んだ。
 
 第2ステージ4節の磐田対川崎戦、1-1の引き分けに終わったが、注目すべきはオフサイドの数。川崎は実に12回ものオフサイドにかかっている。前半6回、後半6回。際どい場面もあったが、一方で明らかに飛び出している形もあり、90分を通して何度も繰り返された。
 
 4試合連続ゴールを叩き込んだ小林悠は、その原因についてこう振り返る。
 
「結構、相手のディフェンスラインが高くて、しかも3枚だった。こっち側からしたら、裏行けちゃうなという感じだった。それがオフサイドにかかった原因じゃないかなと思う。もう少し気を付けて抜け出せれば、一気にチャンスになる場面も多かった。試合中に修正できれば良かったんですけどね」
 
 トップ下で出場を続ける大塚翔平は、磐田のある狙いを感じ取ったという。それは「裏を狙う選手を捨てる」というものだった
 
「磐田は、裏に走る選手を捨てている感じで、間(に入れるパス)を狙っている感じがした。あと1本のところだったけど、パスが長くなったりして上手くいかなかった」
 
 結果的に川崎は、相手の術中にまんまとハマる形となった。磐田の3バックは、左が森下俊、中央が大井健太郎、右がパパドプーロス。試合後、名波浩監督は3人の働きに言及し、「健太郎、パパ、俊が、勇気を持って高い位置を保ってくれた」と高く評価している。
 
 実際、磐田は大井を中心に最終ラインを高く設定。後半は疲労も重なり陣形が間延びし始めたが、それでも最終ラインは一定の高さを保ち、自陣にこもる時間を回避した。
 
 

名波監督が3バックの完成度について触れ、「CB陣の頭の順応性が高い」と称賛。

 守備陣の奮闘に触れた名波監督は、3バックの完成度にも触れ、「CB陣の頭の順応性が高いから」と、現在の手応えを語り出すのである。
 
「我々の3バックは、最終ラインで待っているものではない。攻撃的に仕掛けていく3バック。まして、3月30日ぐらいからスタートしているので、4か月弱くらいでここまでのクオリティに仕上げたのは、彼ら(3人)や藤田も含めて、CB陣の頭の順応性が高いから」
 
 一方、3バックの中央で巧みなラインコントロールを見せたキャプテンの大井は、「オフサイドを特に取りにいっているわけではない」と明かす。
 
「(陣形を)コンパクトにして、中盤からプレスを行けるようにやっている。オフサイドを取れなくても、自分の判断でカバーに行ったり、そういうところは良くできていた」
 
 もっとも、1点リードして迎えた64分の対応を大井は悔やむ。大島僚太が中央でボールを持った瞬間、中盤の寄せが一瞬甘くなり、小林悠に上手く裏を狙われた。
 
「徐々に疲れてきて、オフサイドに逃げることだけは止めようとしたら、パパのところから斜めに走られた。ボールの取られ方も悪かったけど、あそこだけだった。でも、それをしっかり仕留められた。それで勝点3が勝点1になったことを考えれば、しっかり抑えなければいけなかった」
 
 12回ものオフサイドについて、大井は「付属、おまけです」と言い切る。この日、大胆にラインを上げられた理由があった。それは名波体制において、リーグ戦でたった二度目という2トップが影響しているという。とりわけ、その人選がポイントだと大井は語る。
 
 

1/2ページ

最終更新:7/18(月) 12:00

SOCCER DIGEST Web