ここから本文です

【ランキング】1試合あたりの得点率TOP 50――トップ10に川崎、鹿島、浦和、広島のアタッカーがずらり。事実上のトップは磐田の「あの選手」

SOCCER DIGEST Web 7/18(月) 12:00配信

41位は横浜の中村と鹿島の鈴木。前者は円熟味あるプレーを披露し、後者は頭角を現わしつつある。

 J1第2ステージ4節を終えたなか、現時点で最も「得点率」が高い選手は誰なのか。今回は試合数の条件を設けず、得点数を試合数で割った「得点率」を基に調査。トップ50から順番に見ていく(得点率が同じ場合、同位で表記)。
 
 先日、日本代表に初選出された小林は44位にランクイン。川崎の右SBエウシーニョも同位に入っている。一方、41位で並ぶのが横浜の中村と鹿島の鈴木。前者は円熟味のあるプレーを随所に披露し、後者はアグレッシブなプレーで頭角を現わしつつある。
 
■J1得点率「トップ50」(第2ステージ4節終了時)
 
44位=得点率0.20
小川慶治朗(ヴィッセル神戸) 
1得点/5試合
 
44位=得点率0.20
熊谷 駿(ヴァンフォーレ甲府) 
1得点/5試合
 
44位=得点率0.20
森本貴幸(川崎フロンターレ) 
1得点/5試合
 
44位=得点率0.20
パウリーニョ(松本山雅FC) 
2得点/10試合
 
44位=得点率0.20
鎌田大地(サガン鳥栖) 
3得点/15試合
 
44位=得点率0.20
武富孝介(柏レイソル) 
3得点/15試合
 
44位=得点率0.20
ドラガン・ムルジャ(大宮アルディージャ) 
3得点/15試合
 
44位=得点率0.20
野沢拓也(ベガルタ仙台) 
3得点/15試合
 
44位=得点率0.20
小林祐希(ジュビロ磐田) 
4得点/20試合
 
44位=得点率0.20
エウシーニョ(川崎フロンターレ) 
4得点/20試合
 
43位=得点率0.21
ハモン・ロペス(ベガルタ仙台) 
4得点/19試合
 
41位=得点率0.22
中村俊輔(横浜F・マリノス) 
4得点/18試合
 
41位=得点率0.22
鈴木優磨(鹿島アントラーズ) 
4得点/18試合
 

新戦力の注目は29位に入った広島の宮吉、川崎の大塚。両者とも徐々に出場時間を増やしている。

 
 G大阪のアデミウソンは38位。今のところ期待どおりの活躍を見せているとは言い難い。新戦力の注目は29位に入った広島の宮吉、川崎の大塚だろう。両者とも徐々に出場時間を増やしており、これからも数字が伸びそうだ。
 
 一方、横浜の齋藤、柏のD・オリヴェイラ、浦和の李は5ゴールと一定の結果を残しているが、20試合に出場している点を考えれば、やや物足りなさが残る。
 
 
40位=得点率0.23
マルティノス(横浜F・マリノス) 
3得点/13試合
 
38位=得点率0.24
アデミウソン(ガンバ大阪) 
4得点/17試合
 
38位=得点率0.24
武藤雄樹(浦和レッズ) 
5得点/21試合
 
29位=得点率0.25
パク・ジョンス(横浜F・マリノス) 
1得点/4試合
 
29位=得点率0.25
那須大亮(浦和レッズ)   
1得点/4試合
 
29位=得点率0.25
宮吉拓実(サンフレッチェ広島) 
2得点/8試合
 
29位=得点率0.25
大塚翔平(川崎フロンターレ) 
2得点/8試合
 
29位=得点率0.25
富樫敬真(横浜F・マリノス) 
3得点/12試合
 
29位=得点率0.25
ウェリントン(アビスパ福岡) 
5得点/20試合
 
29位=得点率0.25
齋藤 学(横浜F・マリノス) 
5得点/20試合
 
29位=得点率0.25
ディエゴ・オリヴェイラ(柏レイソル) 
5得点/20試合
 
29位=得点率0.25
李 忠成(浦和レッズ) 
5得点/20試合
 

1/3ページ

最終更新:7/18(月) 15:11

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。