ここから本文です

テイラー・スウィフト、元恋人カルヴィン・ハリスの最新シングル曲を共作

ローリングストーン日本版 7/18(月) 15:00配信

テイラー・スウィフトが偽名Nils Sjobergで、元恋人カルヴィン・ハリスの大ヒット曲『ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー』を共作した。

テイラー・スウィフト、元カレについて歌った破局ソング15選

テイラー・スウィフトの代理人が、カルヴィン・ハリスとリアーナのコラボレーション曲『ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー』を共作したことを、ローリングストーン誌に認めた。テイラーは、同曲でNils Sjobergという偽名を使用している。

テイラー・スウィフトが、元恋人カルヴィン・ハリスの最新ヒット曲を共作したという事実の発覚は、より深い憶測を呼ぶこととなった。

米ゴシップサイトTMZは当初、テイラーがEDMヒット曲『ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー』を作詞したことを、彼女の関係者が明らかにしたと報じていた。交際中に同曲を共作したテイラーとカルヴィンは、既に破局している。

カルヴィンは、アーティストとしてのプライドを守るべく、Twitterで報道についてコメントした。「僕があの曲を書いて、プロデュースとアレンジをして、ヴォーカルを録音したんだ。彼女が秘密にすることを望んでいたから、別名義になったわけ。・・・君が新しい恋に幸せなら、元カレを傷つけることではなくて、そのことに集中するべきだと思う」。カルヴィンは、テイラーを「素晴らしい」ソングライターであるとツイートすることで、発言内容を和らげようとしたものの、彼女がポップスターのケイティ・ペリーを非難したことを引き合いに出し、批判した。

カルヴィンのツイートはこちら

「君はツアー中じゃないし、ケイティの時みたいに葬る相手が新たに必要なんでしょ。でも悪いけど、僕はその相手じゃない。それに、そんなことはさせないから」

「君の人生のプラスなことに集中しなよ。だって君は、素晴らしいモノを手に入れたんだから」

テイラーは、『ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー』が公式に発表される前から、コーチェラ・フェスティバル2016で同曲のアルバムアートワークがプリントされたジャケットを着て、プロモーションを行っていた。この時点では、カルヴィンとヴォーカルを担当したリアーナは、曲の存在を明らかにしていなかった。リアーナは、『ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー』以上のヒットを記録した『ウィー・ファウンド・ラヴ』でも、カルヴィンとのコラボレーションを実現させている。

未確認でありながら、TMZは曲のリリースが、テイラーとカルヴィンの破局の原因であると報じていた。ライアン・シークレストのラジオ番組で、本作のプロモーションのためインタヴューに応じたカルヴィンは、テイラーとのコラボレーションの可能性について「僕たちは、そのことについて話し合ったことがない。その可能性はないと思うけど」と話していた。

テイラーはというと、2015年の大半を費やしたアルバム『1989』のツアー後に、活動休止することが報じられている。その一方でカルヴィンは、新曲とコラボレーターを少しずつ明らかにしてきた。その中でも、ジョン・ニューマンとのコラボ曲『Olé』は、俳優のトム・ヒドルストンと現在交際中のテイラーとの破局を歌った曲ではないかいう憶測が飛び交っている。しかし、曲のテーマについて、カルヴィンとニューマンから正式な発表はされてない。

Translation by Miori Aien

BRITTANY SPANOS

最終更新:7/18(月) 15:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。