ここから本文です

ピーターラビットが顔を出しそうな 絵本の世界そのままのイギリスの村

CREA WEB 7/18(月) 12:01配信

Magnificent View #1021バイブリー(イギリス)

 ピーターラビットがひょっこりと顔を出しそうな風景が広がるのは、イングランド中央部の丘陵地帯、コッツウォルズ地方にあるバイブリー。19世紀の詩人でありデザイナーでもあったウィリアム・モリスも「英国で最も美しい街」と称賛した場所だ。

 村の中心を流れるのはコルン川。透明度の高いこの川では、野生の鴨や白鳥が水浴びをしている姿を見ることもしばしば。

 川沿いに並ぶのは、14世紀に造られた石造りの家々。もとは羊小屋やウール工場の倉庫として建てられたものだが、後に機織小屋として改装され、現在は住居として使われている。

 それらを美しい草花が囲む牧歌的な雰囲気には、どこか懐かしさも覚える。

 絵本の世界そのもののバイブリー村。自然と共存し、古い建物を大切に使う村の人たちの気持ちが、この美しい景観を守っているのかもしれない。

芹澤和美

最終更新:7/18(月) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。