ここから本文です

もうすぐリオ! 夏に華やかブーゲンビレア

NHKテキストビュー 7/18(月) 8:00配信

南国の花ブーゲンビレアは、じつはとても育てやすい花です。鉢で購入したあとの簡単なケアやハンギングでの楽しみ方など、新しい魅力を園芸研究家の小川恭弘(おがわ・やすひろ)さんが紹介します。



* * *



鮮やかで大ぶりな花が特徴のブーゲンビレア。じつは花は小さな筒状で目立たず、花のように美しく見えるのは葉に由来する苞(ほう)と呼ばれる部分です。



南国の花ということで、育てるのが難しいイメージがあるかもしれません。しかし、ブーゲンビレアは開花時期が長く、枯れにくい特長があります。冬越しも簡単で丈夫、とても育てやすい熱帯花木です。本来は短日性ですが、育て方によっては翌年以降の夏の開花や、年2回以上の開花も期待できます。



つる性の品種であればハンギングに仕立て直し、違った印象でも長く楽しめる植物でもあります。今回は、そんなブーゲンビレアの魅力をご紹介します。


■ハンギングで夏らしく


あんどん仕立ての鉢を購入したあと、ハンギングに仕立て直して楽しんでみましょう。



ボリュームを出すために、落花後に寄せ植えをする手があります。あまり大きすぎる鉢にせず、サイズに合わせて土を落とし、花芽のついていない不要な枝を切ります。半円形のハンギング用鉢であれば株を並べて植え、正面に向けて枝を下垂れさせればよいでしょう。寄せ植え後、1か月は根が弱っているので肥料を施しません。



上手に育てば、翌年の5~6月くらいには、この写真くらいの株姿が期待できます。なお、木立ち性のもの(ガーデンブーゲンビレアなど)はハンギング仕立てには向かないのでご注意を。



■『NHK趣味の園芸』2016年7月号より

NHK出版

最終更新:7/18(月) 8:01

NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

NHKテキストビューの前後の記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。