ここから本文です

「男性は胸ばかり見る」説、心理学で否定される

R25 7/19(火) 7:00配信

猛暑が続く今日このごろ。こうも暑いと、出会いを求めて繰り出すのもはばかられるが、一方で、街行く女性の露出が多くなるのは眼福というもの。女性の皆さんにとっては逆に、こんな猛暑の時期こそ、男性を引き寄せるチャンスと言えそうだが…。

「問題はどういう見せ方をすると、男性に対して効果的に訴求できるか、ですよね。最新の研究によると、よく言われる『男性は胸ばかり見ている…』というのは、じつは正しくないことがわかってきているんですよ」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生だ。これは次のような実験で明らかにされているという。

「米ネブラスカ大学の心理学者サラ・ガーヴァス氏が、アイトラッキング装置(視線の動きを測定する器具)をつけた被験者の男女に、10パターンの女性の全身写真を見せました。そして、それぞれ女性のどこに目が行くのか、データを採って分析したところ、男女ともに最も長い時間目が行くのは、胸でも腰でもなく『顔』で一致。意外なことに、『胸』に視線を向ける時間は、男性よりも女性の方が長いことが判明したのです。この結果を受けてガーヴァス氏は、男性は一般的に思われているほど胸にばかり関心を寄せているわけではないことが証明された、と論じています」

生身ではなく写真を見せて行われた実験であるため、実際の凹凸や質感が伝わりにくく、性的なアピールにつながらなかった可能性もあるだろう。しかしそれを差し引いても、「女性が夏だからと大胆に胸を開けることは、必ずしも正解ではないことを示しています」と、内藤先生は補足する。

開放的な気分にさせられる夏とはいえ、体のラインをアピールするよりも、メイクの手を抜かないことの方が重要なのかもしれない。
(友清 哲)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/19(火) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。