ここから本文です

武田真治、鈴鹿8耐にてサックスで国歌独奏!

Smartザテレビジョン 7/19(火) 6:00配信

「第39回 鈴鹿8時間耐久ロードレース」が、7月31日(日)朝11時より9時間半にわたってBS12トゥエルビで生中継される。

本大会は、'78年から三重・鈴鹿サーキットにて毎年開催されている日本最大級のオートバイ耐久レース。1台のマシンを、2人または3人のライダーで乗り継ぎ、8時間でどれだけの距離を走れたかを競う。

'80年からは世界選手権の一戦に加わり、海外から実力のあるトップライダーたちが参戦。「世界への登竜門」的な位置付けのロードレースとなっている。

また、「鈴鹿8耐」は耐久レースでありながら年々タイムラップが上がり、「スプリント耐久」と呼ばれるレースでもある。優勝するためには、通常の耐久レースのペースではなく、スプリントレース並みの速さ、そして8時間を走り切る安定性が求められる。

さらに、鮮やかな「ピットワーク」も、大会の見どころの一つだ。

約1時間に1回のピットインに際して行うタイヤ交換と燃料補給、そしてライダーの交替を、わずか20秒足らずで終わらせてしまう。マシンやライダーだけでなく、ピットクルーたちも一丸となって、優勝を目指す。

昨年は炎天下、有力チームの転倒事故が相次ぎ、波乱のレース展開となった。

そんな中、YAMAHA FACTORY RACING TEAMが盤石の走りで決勝を制し、19年ぶりの優勝を手にした他、Team KAGAYAMAは3年連続で表彰台に上がった。両チームはことしもエントリーしており、注目を集めている。

なお、今大会では武田真治が、国歌をサックスで独奏することが発表されている。中村玉緒もゲストとして来場する予定だ。

生放送終了後の夜8時30分からは、「せいこうの歴史再考 鈴鹿SP」が放送される。いとうせいこうが“歴史アイドル”の小栗さくらと共に鈴鹿の町を歩き、鈴鹿サーキットが日本経済にもたらしたものとは何だったのか、歴史的観点から探るという。「鈴鹿祭り」の1日となりそうだ。

最終更新:7/19(火) 6:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ