ここから本文です

予期せぬ子どもの転落事故。多発する盲点とは?

R25 7/19(火) 7:00配信

予期せぬ子どもの転落事故。多発する盲点とは?

写真:R25 予期せぬ子どもの転落事故。多発する盲点とは? より

近年、“子どもがマンションから転落”という事故のニュースをよく目にします。東京消防庁によると、平成23~27年の約5年間で東京都内だけでもマンションなどのベランダや窓から転落し、救急搬送された5歳以下の子どもは114人にのぼるという。多発する転落事故の原因や盲点とは? さらに、それだけではない身近な子どもの転落事故の事例や防止策について、子どもの危険回避研究所の所長・横矢真理さんにお話を伺いました。

「マンションのベランダなどの高所からの転落は、生命に危険を及ぼす可能性が高い事故です。多くは、エアコンの室外機や椅子、布団などが置いてあって、それを踏み台にして身を乗り出してしまうケースです。エアコンの室外機の位置や、踏み台になるような物を置かないなど、注意が必要ですね」(横矢さん 以下同)

さらに、ベランダからの転落事故が起きやすい状況についても把握しておくことが大事だという。

「幼児の場合、お子さんが寝ている間に親御さんがちょっと買い物などに出た間に、目を覚ました子どもがベランダからお母さんを探していて転落するケースは多いんです。なので、ベランダに踏み台になる物を置かないだけでなく、ベランダに出られないようにしっかり鍵をかけるなど、幾重にも危険回避の備えをしておきましょう!」

実は、マンションの転落事故は、幼児のみならず、高さの危険への認識があるはずの小学生の事例も多数報告されている。そこに潜む盲点とは?

「小学生になると、高さがある種のスリルとなり、さらに友だち同士で“オレのほうがこんなこともできる!”などと張り合ったりという心理から遊びがエスカレートしてしまうことも。一人ではしないようなことも友だちと一緒だとやってしまったりするんです。もう小学生だからと安心せず、きちんと普段から危険についての認識をお子さんと共有しておきましょう」

また、昭和60年以降から高層マンションで子育てする家庭が増えたことにより、子どもが高所の怖さを感じにくくなる“高所平気症”の子どもが増えているという。福島学院大学の織田正昭教授(福祉心理学)によると、子どもが高い場所が危険かを判断する感覚は、4歳ごろまでに大人の約8割ほどのレベルまでに達するそう。しかし、この時期を高層階で過ごす子どもが多くなり、子どもは自分の目の高さを基準に地面との距離を把握し高いかどうかを判断するため、地面が見えない高層階では“高い場所が怖い”という感覚が育ちにくいのだそう。

「こういった指摘もあるので、高層階にお住まいの方は、お子さんが予想もしないような危険な行動をとる可能性もあるということをしっかり把握して、注意してください」


子どもの転落事故は、もちろん高所からの転落だけではない。日々の生活のいたるところに盲点があるから気をつけなければなりません。

「赤ちゃんはベッドやソファからの転落、幼児はベビーチェアや自転車の補助椅子からの転落、階段からの転落など、さまざまな危険が考えられます。転落事故の場合、危険回避の対策として、ベルトのあるものはしっかりベルトをする、自転車に乗る際は子ども用ヘルメットを着用させるなど、その心がけだけでも、かなり効果があると思います。そして、子どもは日々成長し、行動範囲が広がっていくこと、知恵が働くようになること。つまり、昨日できなかったことが今日はできているかもしれないということを常に念頭に置いておくことを忘れずに!」

子どもの成長はとても喜ばしいこと。しかし、成長したからこその危険が潜んでいることも、きちんと認識しておくことが大事ですね!
(構成・文/横田裕美子)


記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/19(火) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。