ここから本文です

やせたい健康、潤い肌…全て叶えるのは「油」でした

東京ウォーカー 7/19(火) 6:01配信

健康効果が高いと近年話題になっている油の代表「亜麻仁(あまに)油」。古代ギリシャ時代から「健康をもたらす」として栽培が推奨されていたというから、実は筋金入りの健康植物なのだ。日本でよく知られているのは、何といってもアレルギー体質を改善し血液をサラサラにする働きと、免疫力の向上が期待できるとされる点。

【写真を見る】ダメ絶対! 亜麻仁油は加熱すると健康効果がなくなってしまう

生活習慣病に効果的な「オメガ3脂肪酸」を豊富に含み、花粉の季節や、肌の潤い、便秘に効果ありという評判が高い。しかも1日にとる量は大さじ1でOKと手軽なのもポイント。

ただし注意点がふたつある。まず「熱に弱い」ため、加熱せず必ず生で使うのが鉄則だ。これは生野菜サラダのドレッシングの素材にしたり、納豆をかき回す直前に“追いアマニ”すれば解決。

もうひとつは「酸化しやすい」こと。封を開けたら冷蔵庫に保管し1カ月以内に使い切るのがベストだ。店頭では1カ月で使い切れる量を見極めて購入しよう。オトクとはいい難いが、高~い美容液を買うことやアレルギー症状にイラだつことを考えれば、検討できる出費かも。

なお、漬け物やとろろ、もずく酢と一緒にとると、栄養面でのパワーアップが望めるという。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/19(火) 6:01

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。