ここから本文です

氷ガリガリなのに鍋!夏の名物「氷鍋」って何?

東京ウォーカー 7/19(火) 7:00配信

お鍋なのに氷!? なんとも奇妙な組み合わせだが、この「和風トマトスープ氷鍋」は毎夏恒例で好評な名物鍋なのだそうだ。

【写真を見る】「和風トマトスープ氷鍋」1人前990円(税抜)

居酒屋チェーン「赤から」では、5年目に突入する名物鍋「氷鍋」を期間限定でスタートした。

オリジナルの和風出汁をベースに、柔らかく煮込んだイタリアントマトを合わせた「和風トマトスープ氷鍋」。中には生ハム、エビ、枝豆、コーン、白菜、レモン、ミント、プチトマト、イタリアントマト、メンマ、締めの麺など、13種類の具材が入りボリュームたっぷりだ。氷のガリガリ食感とトマトのすっきりした酸味、レモンとミントの清涼感が、ピリ辛みそ味のスープとマッチして鍋をすっきりまとめあげているとか。氷をクラッシュできるミキサーやブレンダーを持っている家庭ならマネしてみるのも楽しそう♪

これは家ではマネしにくそうだが、パクチーを100g山盛りにした「爆裂パクしゃぶ」というインパクト大の鍋メニューもある。これは名古屋にある系列店「納屋町ラムチョップパクチー'S」で提供されているもの。

「インパクトのあるメニューにトライしてみたい!」と思ったときにこの店からヒントをもらうとリフレッシュできそうだ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/19(火) 7:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。