ここから本文です

シャンプーいくらの?白髪染めてる?「主婦のヘアケア事情」大公開

東京ウォーカー 7/19(火) 20:00配信

髪形やカラーなど、見た目の第一印象に大きく関わるヘア。主婦のみんながどのくらい髪のケアをしているかを探ってみた。

【写真を見る】洗髪後にオイルをつけたり、入浴中に頭皮マッサージをしたり。試しているヘアケアテクもいろいろ

■髪の悩みはありますか?

まず、「髪の悩みはありますか?」という質問に、全体の9割の人が髪に悩みがあると回答。悩みがないという人はわずか 1割程度という結果に! やっぱり、みんな何かしら悩んでいるよう。お悩みの中で最も多かったのが「白髪」。次いで、「うねり・癖」、「パサつき」も上位にランクイン。一方、その悩みについて「ヘアケアをしていない」という人が意外にも多く、全体の66%に。その理由を聞いたところ、「何をしていいか分からない」(福井県 O・S)、「ケアをする時間とお金がない」(香川県 Y・M)、「面倒くさいから」(埼玉県 T・M)という、ちょっと悲しい意見が多数。

■カラーリングはどうしてる?

お悩み第1位の「白髪」問題。カラーリングはどうしているかというと、「染めている」人が56%、「染めていない」人は43%と、染めている人のほうがやや多いことが判明。そのうち75%は「白髪が気になるため」と切実かつ現実的なお答えが。また染めるときは「美容院」が45%、「セルフ(自宅)」が39%。染めている人は「毛先が傷む」(群馬県 K・M)、「染めてもすぐ根元が伸びてくる」(大阪府 K・T)などの悩みも多いよう。

美容院に行く頻度は、「2カ月に1回」、「3~4カ月に1回」がほぼ同数。「 6カ月に 1回以下」が 3番目に多い結果に。美容院に行くタイミングを聞くと、「髪が伸びてきて、まとまりが悪くなったとき」(神奈川県 N・N)や、「白髪が目立ってきたら」(千葉県 M・Y)という意見が多数。そのほか、「気分転換やリラックスするために」(兵庫県 M・Y)という人も。一方、あまり頻繁に行っていない人からは、「子育て中でなかなか行く暇がない」(千葉県 S・M)、「節約のため」(静岡県 M・M)などの声が多くあった。

■どんなシャンプーを使ってる?

日々のヘアケアに直結するシャンプー選び。みんないくらくらいのものを使っているかというと、価格帯は「600円未満」という声が最も多く全体の約半分。「1000円以上」は14%で、3000~4000円台が多く、中には「サロン専用の8000円のもの」(大阪府 T・T)という人も! また選ぶときのポイントを聞くと、「効能」という声が多く、「ノンシリコーンのスカルプタイプ」(大阪府 T・Y)、「うねりやパサつき、ボリュームを抑えるもの」(三重県 I・M)、「敏感肌用」(千葉県 S・M)など、自分の髪や地肌に合うものを選んでいるよう。

洗髪時に気をつけていることは、「洗う前にヘアブラシで汚れを落とす」(京都府 T・M)、「シャンプーをつける前に、全体をお湯でしっかり洗う」(愛知県N・C)、「指の腹で頭皮をマッサージするように洗う」(岩手県U・Y)など、洗うときにもちょっとしたひと手間をかけている人が多数。また乾かすときは、「髪の根元に風を当てる」(東京都 T・T)、「温風でしっかり乾かしたあとに冷風を当てて髪を引き締める」(愛知県 N・C)、「髪の毛をタオルでこすり過ぎない」(福島県 O・S)、「ドライヤーの使用時間を減らすため、タオルやヘアターバンでしっかり水分を取る」(長崎県K・Y)などさまざま。みんな特別なケアアイテムを使わなくても、日々の工夫にぬかりはない様子。

■おすすめのヘアケアテクニックを教えて!

さらに、おすすめのヘアケアテクニックを教えてもらうと、「洗髪後、タオルドライした髪にスクワランオイルをつけています。ツヤが出てサラサラに」(大阪府 M・A)、「湯船につかりながら頭皮をマッサージ。これを続けるだけで髪がキレイに生えてくる気がします」(岩手県 S・Y)、「動物の毛のブラシで髪をブラッシング。頭皮の脂が髪に行き渡り自然なツヤが出ます」(長野県 M・I)、「良質のたんぱく質と、甘酒を毎日とっています。髪にコシが出てきました」(広島県 W・F)など、手軽に取り入れられそうなテクニックが多数寄せられた。

■神にまつわる悲しいエピソードを教えて

が! そんなに努力しているのに、やっぱり悲しいエピソードはあるようで……。「縮毛矯正したら髪が溶けてチリチリに……」(千葉県T・M)、「太くてしっかりした髪なので、パーマをかけた翌日に取れた」(大阪府 Y・Y)など美容院での失敗談や、「ホルモンバランスが崩れたときに髪質が急に変わり癖毛になった」(長野県 M・I)、「抜け毛が増えて 3分の 1くらいの毛量に……。束ねると髪ゴムが滑り落ちる」(京都府 S・H)など、ストレスによる変化で起きたエピソードも多数。また「セルフカットに挑戦したら大失敗。結局美容院で直してもらった」(大阪府 M・A)などの声も。美しいヘアを保ちたくても、思いどおりにいかないことが多いのが現実!?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/19(火) 20:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。