ここから本文です

8月にも祝日が登場、あなたは「山の日」を知っていた? お盆休みは●で過ごす人が多数!

Suits-woman.jp 7/19(火) 17:30配信

夏休みのスケジュールを考えようとカレンダーを見てみると……あれ? 祝日が増えている! そう、今年から「山の日」という祝日が新設されました。これまでより少し長めに夏休みをとれるようになる人もいるかもしれません。今回は楽天リサーチが実施した「山の日とお盆休みに関する調査」の結果をご紹介します。

あなたは「山の日」を知っていますか?

今年から新設された「山の日」という祝日の存在を知っているか聞いたところ、最も多かった回答は「名前だけは聞いたことがある」(43.7%)となりました。続いて「正確な日付を知っている」(30.1%)ことが判明し、7割以上の人が今年から「山の日」が新設されることを知っているという結果に。

今年から新設された「山の日」の認知について
名前だけは聞いたことがある(43.7%)
正確な日付を知っている(30.1%)
知らない・聞いたことがない(26.2%)

認知度の高い「山の日」。この祝日ができたことがうれしいか聞いてみると、約半数が「どちらでもない」(48.6%)と回答。「とてもうれしい」「うれしい」の合計が36.6%に対し、「あまりうれしくない」「うれしくない」の合計は14.8%と、うれしいと感じている人のほうが多いことがわかりました。

では、実際「山の日」に山に行きたいと思っている人はいるのでしょうか。
結果は、「行きたくない」(49.4%)が約半数にのぼり、「行きたい」(8.9%)に大きく差をつける結果となりました。「山の日」にちなんで、山に行きたいという意識の人はまだ1割にも満たないようです。

今年のお盆休みの予定は「自宅で過ごす」がトップ

今年のお盆休みの予定を聞いたところ、最も多かったのは「自宅で過ごす」(32.6%)。外出予定では、「お墓参り」(20.2%)、「帰省」(15.6%)の順に高く、5人に1人がお盆にお墓参りをするということがわかりました。
これを年代別に見ると、「お墓参り」は60代が他の年代と比較して高く(60代:30.9%、他の年代の平均:17.3%)、また「自宅で過ごす」については年代があがるにつれ、高くなっていく傾向となりました。(20代:22.9%、30代:26.1%、40代:27.5%、50代:37.0%、60代:46.6%)。

今年のお盆休みの予定について
自宅で過ごす(32.6%)
お墓参り(20.2%)
帰省(15.6%)
遠出ではない外出をする(買い物など)(13.1%)
国内旅行(12.9%)
レジャースポットに行く(プール・遊園地など)(5.8%)
海外旅行(3.1%)
その他(3.5%)
未定・分からない(18.2%)
お盆休みはない、取らない(18.2%)

1/2ページ

最終更新:7/19(火) 17:30

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。