ここから本文です

ガイドブックで見たまんまの“理想のハワイ”を旅行できる! 渋谷の「Galaxy Cafe」でVRを体験してみた!

エイ出版社 7/19(火) 17:10配信

「理想の」ハワイが、まるでその場にいるように体験できる!

白い砂地、青く透き通った海。赤く染まったサンセット。ローカルのように自由気ままにあちこちを移動して、美味しいハワイフードを味わう……。

そんなガイドブックどおりの絶景が見たい! まだ見ぬハワイを体験したい! という人に、絶好のスポットがオープンした。7月14日から8月3日にかけて期間限定で開催される、“まるでハワイにいるよう”なVR(バーチャルリアリティ)が体験できる「Galaxy Cafe」だ。

最近耳にする「VR」は、360度カメラで撮られた映像が流れる端末を通して、まるで本当にその場にいる気分が味わえるという最先端のテクノロジーだ。今回のGalaxy Cafeでは、Galaxyの最新型スマートフォン「Galaxy S7 edge」と組み合わせる「Gear VR」というヘッドセットで体験する。まずは「VR体験がついてくる」というスペシャルメニュー、『ハワイ360°絶景VR体験付き スペシャルアサイーボウル』をオーダーしてみた。

日本初!? 「VR体験付き」アサイーボウル

注文後、Gear VRだけが運ばれてきた。頭に装着するととつぜん360度全方向に、VR映像が広がる。ロコガールが出てきて、アサイーボウルを食べに行こう! とこちらに話しかけてくる。人気のカフェに到着し、「これがアサイーボウルよ!」言われて頭からGear VRをはずすと……。そこには、本物のアサイーボウルが!

アサイーボウルは日本のカフェでも食べられるけれど、Gear VRを付けている間は360度全方向にハワイの風景が広がっているので、本当に現地にいるよう。ハワイに行った気分のまま、目の前のアサイーボウルをいただく。なんだか夢か現実かわからないような、不思議な気分!

映像はハワイ専門誌が、雑誌ならではの視点で撮りおろし

カフェの中央には、頭にGear VRを付けたスーツの男性がサーフィンで波に乗っているオブジェと、足元にはGear VRが並べられている。先ほどのスペシャルメニューをオーダーしなくても、カフェ利用者は気軽にその端末を実際に手にして、VR体験をすることができるのだ。

(←『ハワイスタイル』編集長・渡邊真人氏)

今回のカフェで使われているハワイの映像は、雑誌『ハワイスタイル』編集部が監修したものだ。撮り下ろされた映像には、専門誌ならではのこだわりがちりばめられている。編集長・渡邊真人氏によると、観光客が見るよく知られた風景ではなくローカルが日々見ているサンセットの風景や、かなりの好条件が揃ったときにしか見られないカネオヘの「サンドバー」など、ハワイを未体験の人から何度も訪れているハワイ好きまで、誰が見ても楽しめるとっておきの風景ばかりとのこと。

1/2ページ

最終更新:7/19(火) 17:10

エイ出版社

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。