ここから本文です

目にも耳にも涼しい!鮭を狩るヒグマのライブカメラでバーチャル避暑を

GQ JAPAN 7/19(火) 15:36配信

連日各地で猛暑日が記録されている日本列島。関東地方はいよいよ今日にも梅雨明けが発表される見込みだ。

【ヒグマたちの楽しい生態をウォッチできるライブカメラはこちらから!】

本格的な夏の到来を前に、早くも涼の取り方に手詰まり感を覚えている方も多いのではないだろうか。そんな時には、米アラスカのカトマイ国立公園に設置されているライブカメラをご覧いただきたい。(15:35現在、親ヒグマに子グマ3頭が寄り添っている映像が見られます!)

世界最大のヒグマ禁漁区であるカトマイ国立公園には、世界最多と言われる約2200頭ものヒグマが生息している。7月には、敷地の中を流れるブルックス川を多数のキングサーモンが遡上し、クマたちがこの鮭を狩る姿が見られる。

今の季節はヒグマ観察ツアーのピークシーズンにあたり、観光客が殺到するが、公園が設置したライブカメラにアクセスすれば、24時間世界のどこにいてもヒグマウォッチを楽しめるのだ。事実、このカメラにはいつ覗いても大抵鮭を狙うクマがフレームインしている。

1頭だけの時もあれば、10頭近くがひしめいてしのぎを削る様子が見られることもある。3頭の子グマに母グマが獲ったばかりの鮭を運んでいたり、せっかくの獲物を乱暴者に奪われたりといったドラマも頻繁に起こる。

清涼感たっぷりの美しい川、涼やかな水の音、飛び跳ねる鮭をずぶ濡れで狩るクマたち……目にも耳にも心地よい影像は、思わず時間を忘れて見入ってしまう。小さなポップアップウィンドウをデスクトップの片隅に置いて、連休明けの猛暑日を乗り切りたい。

Masako Iwasaki

最終更新:7/19(火) 15:36

GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月24日発売

600円(税込)

2016年の男達「MEN OF THE YEAR 2016」発表!/世界のリーダー総決算!今年のビジネスを読み解く、ランキング30/森星の1日、イットガールを追いかけて