ここから本文です

ネイマール落選… UEFA最優秀選手賞の最終候補10人が発表、CL覇者レアルから最多4人選出

Football ZONE web 7/19(火) 11:11配信

UEFAが発表 C・ロナウド、メッシらは順当に選ばれる

 UEFA最優秀選手賞の最終候補10人が現地時間18日に発表され、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)と欧州選手権(EURO)の二冠に輝いたレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシらが順当に選ばれる一方で、ブラジル代表FWネイマールが落選した。スペイン紙「マルカ」が伝えている。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 UEFA最優秀選手賞は2011年に新設され、CL組み合わせ抽選会時に発表されている。過去の受賞者はメッシが2回、そしてロナウド、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(バルセロナ)、元フランス代表MFフランク・リベリー(バイエルン・ミュンヘン)が受賞している。

 過去5年で4回がレアルかバルサの選手が受賞しているが、今シーズンもリーガ勢が優勢で、計7人が選出されている。特にレアル御用紙でもある同紙だけに、“白い巨人”からはロナウド以外にもウェールズ代表FWギャレス・ベイル、ドイツ代表MFトニ・クロース、ポルトガル代表DFペペと、1クラブで最多4人が選ばれて“最高のクラブである”と強調している。

 一方でバルセロナからの選出は「MSNトリオ」のメッシ、そして昨季リーガで40得点を挙げてピチーチ(得点王)を獲得したウルグアイ代表FWルイス・スアレスの2人だった。同紙は24得点を挙げたネイマールが選出外となったことを「ネイマールにとっての忘れられた1年であり続ける」としている。

リーガ勢が7人を占める

 とはいえレアルも「BBCトリオ」の一角で、リーガでネイマールと同じ24得点を挙げた元フランス代表FWカリム・ベンゼマが落選している。それだけに、レアル寄りの同紙らしい皮肉と言ったところだろうか。

 UEFA最優秀選手の最終候補10人は以下の通り。

マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ代表)
ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス/イタリア代表)
ペペ(レアル・マドリード/ポルトガル代表)
トニ・クロース(レアル・マドリード/ドイツ代表)
トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ代表)
アントワーヌ・グリーズマン(アトレチコ・マドリード/フランス代表)
リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン代表)
ルイス・スアレス(バルセロナ/ウルグアイ代表)
ギャレス・ベイル(レアル・マドリード/ウェールズ代表)
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード/ポルトガル代表)

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/19(火) 11:11

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ