ここから本文です

【軽量化実践法】バックパックはこうして軽くなる

エイ出版社 7/19(火) 17:40配信

軽量化の最後に着手したいのがバックパック

すべての装備を整えたあと、軽量化の最後に着手したいのがバックパック。他のカテゴリーと同様に、機能性を犠牲にすることなく、なるべくシンプルにしていくことが軽量化へとつながっていく。

【ATTACHMENT】体まわりはすっきりと

カメラや地図、行動食などをいつでも取り出しやすいようにさまざまなアタッチメントをバックパックに装着する。たしかにこれは便利だが、付けすぎるとそれぞれのアタッチメントの重量でバックパックは重くなり、パックの重心のバランスも崩れ疲労が体に蓄積する恐れがある。十分な容量があって軽いチェストバッグやサコッシュにまとめて収納すれば軽くなり、重心のバランスもばらつかず、腕周りもすっきりして歩きやすくなる。

【RAINCOVER】防水仕様を買うという選択

装備を雨から守るパックカバーやパックライナー、スタッフバッグを削ぎ落とすこともバックパックを軽量化するひとつの手段だ。その方法として、あらかじめ防水性能をもったバックパックを選ぶという手がある。たとえばパックライナーの素材として用いられるシルナイロンやスタッフバッグの素材であるキューベンファイバーなどを使用したバックパックである。縫い目にシーム処理が施されているモデルは少ないので完全なる防水とまではいかないが、ある程度の雨を防いでくれる。またエクスペド/バックカントリーシリーズのように縫い目にシームシールを張り防水機能をうたったモデルもある。

文◎森山伸也
イラスト◎越井隆

最終更新:7/19(火) 17:40

エイ出版社

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革