ここから本文です

大怪我のデンバ・バ、仲間やクラブがエール「早く回復することを願っている」

フットボールチャンネル 7/19(火) 8:02配信

 中国スーパーリーグの上海申花に所属するセネガル代表FWデンバ・バが選手生命に関わる大怪我をしたことで、様々な選手たちがSNSを通じて同選手を気遣うコメントを残した。18日に英紙『テレグラフ』が報じている。

 デンバ・バは現地時間17日に行われた上海申花と上海上港の試合に出場。その試合の中で、デンバ・バは相手選手からタックルを受けてよろけたところに、相手選手がデンバ・バの左足を引っ掛けたことで足が折れ曲がる大怪我を負ってしまった。

 この一報を聞いたかつてのチームメイトであるチェルシー所属のジョン・テリーは「酷いニュースを聞いた。早く回復することを願っている」とコメントしている。また、チェルシーの公式ツイッターも「最大限の願いを送る。デンバ・バがすぐに良くなることを願って」とつぶやき、バイエルン・ミュンヘンに所属するジェローム・ボアテングも「デンバ・バは最高の仲間。早く良くなるように願っている」とコメントした。

フットボールチャンネル

最終更新:7/19(火) 8:06

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。