ここから本文です

ハンク・ウィリアムスの半生描く『アイ・ソー・ザ・ライト』予告編でトム・ヒドルストンが歌唱

リアルサウンド 7/19(火) 18:16配信

 10月1日に公開されるトム・ヒドルストン主演作『アイ・ソー・ザ・ライト』より、ポスタービジュアルと予告編が公開された。

 本作は、“キング・オブ・カントリー”と称されたアメリカのシンガー“ハンク・ウィリアムス”の半生を描いた伝記映画。1953年に29歳で逝去したウィリアムスが、シンガーとして優等生であることを求めるレコード会社と父親が必要な家族に翻弄されながらも、ありのままの自分であろうとする模様を描く。

 主人公ウィリアムス役を『アベンジャーズ』『ハイ・ライズ』のトム・ヒドルストン、ウィリアムスの妻オードリー役を『GODZILLA ゴジラ』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のエリザベス・オルセンがそれぞれ演じる。『アイアン・フィスト』『ロボコップ』で製作を務めたマーク・エイブラハム監督がメガホンを取った。

 このたび公開された予告編では、ヒドルストン演じるハンク・ウィリアムスの光と影や、第二次世界大戦後の暗い時代を生きる人々の悲しみを、自分が背負うことで“希望”を与え続けたシンガーとしての決意などが収められている。また、音楽プロデューサーの指導のもと5週間の特訓を経て、劇中のウィリアムスの曲すべてを自ら唄っているヒドルストンの唄声も収録されている。

 一方のポスタービジュアルには、“君がつらい時、僕は歌う その悲しみが消えるよう”というコピーとともに、ハンク・ウィリアムスが一本のマイクの前でギターを持って唄っている姿が捉えられている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/19(火) 18:16

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。