ここから本文です

ナイジェリア新監督にル・グエン氏が就任。2010年W杯で日本と対戦した経験も

フットボールチャンネル 7/19(火) 10:31配信

 ナイジェリアサッカー協会(NFF)が18日、ナイジェリア代表の新指揮官にポール・ル・グエン氏が就任することを発表した。

 先日までナイジェリア代表はサンデー・オリセー氏が率いていたが、給与未払いなどを理由に辞任。その後に後任監督を募集し、サリス・ユスフ氏、トム・セイントフィート氏、グエン氏の3人が最終選考に残っていた。経歴や功績などを考慮した結果、ル・グエン氏に決定した形となっている。

 ル・グエン氏はかつてレンヌやリヨン、パリ・サンジェルマンなどのクラブを率いた後、カメルーン代表やオマーン代表などの代表チームを率いた経験がある。カメルーン代表を率いていた時には、不振に陥っていたチームを立て直し2010年W杯出場に導いていた。今回はナイジェリア代表監督として、2018年W杯出場を目指すことになる。

フットボールチャンネル

最終更新:7/19(火) 13:13

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。