ここから本文です

まこみな、デビュー後初イベントで涙見せる「私たちにとって、まこみなーずは家族」

リアルサウンド 7/19(火) 19:07配信

 まこみなが、7月18日にJOL原宿にて『まこみなパーティー』を開催した。

 まこみなは、「まこ」と「みなみ」からなる2人組ユニット。動画投稿アプリ『MixChannel』に投稿した“双子ダンス”で女子高生を中心としたティーンからの絶大な支持を集めている。同イベントは、7月6日にリリースした配信シングル「キミがいてよかった」でのデビュー後に初めて開催するファンイベントだ。

 ツイキャスとSHOWROOMで生中継されたこの日のイベントには、約200人のファンが集まった。今か今かと期待を膨らませたファンが待つ会場のステージに登場したまこみなは、自己紹介後「セイヤッサー!」のかけ声でファンとコミュニケーションを図り会場のファンの心を掴んでいった。イベント冒頭での企画「まこみなに聞きたいこと!」では、会場のファンに事前にアンケートを取り、まこみなに聞きたいことを募集した。

 まず、まこがBOXの中からアンケートを取り出すとそこには「歌詞は2人で書いているんですか」という質問が。みなみは「歌詞はしっかり2人で書いているんですけど、リリースした『キミがいてよかった』は2人でお互い手紙を書くように書いたのね。私からまこに、まこから私に。2人で同じく書いたのにまこが4枚ぐらい書いてきたの」と楽曲制作について語った。歌詞を書いた枚数をまこがみなみに確認すると「1枚」と答え、その枚数差に会場が笑いに包まれるも、みなみは「1枚に全てを詰め込んでる」と説明していた。2人の出身地である福島のオススメスポットについて聞かれると、みなみは「福島のいいところは猪苗代湖だよ! 猪苗代湖には白鳥がいてね、海かと思ってたのずっと。すっごい大きいからみんな行ってみて! 後は酪農カフェオレ! みんな飲んでみてね!」と白鳥のジェスチャーを交えながらコミカルに出身地をアピールしていた。

 続いて、「みんなが選ぶ双子ダンスベスト3」と題したコーナーへ。これはタイトルの通り、アンケートと同時に行ったファンの楽曲投票によってランキングを構成したもの。3位にランキングした「シュガーレスガール」について、みなみは「シュガーレスガールはいろんなところで踊ってるから!」とコメント。2位に選ばれたのは「キミがいてよかった」はスマホゲーム『エレメンタルストーリー』のTVCM曲であり、じゃがりこスペシャルムービーソングでもある。まこは「初めて自分たちで作詞した曲に、振り付けを考えるっていうあの奇跡的瞬間」と制作当時を振り返り、2曲をアカペラで披露した。そして、残る1位は、グッキーダンスがまこみなのブレイクのきっかけとなった楽曲「グッキー」が選ばれた。みなみが「グッキーはね、踊ってて楽しいもん!」と納得の一言を口にすると、まこは「新学期は不安と緊張じゃないですか。それを吹き飛ばすために『グッキー』かなと思って」と同曲がされていると思う理由を解説した。

 終盤のライブパートでは人気投票で1位に輝いた「グッキー」を再度披露し、初めてのオリジナルソングでありベスト個別学院のCMソング「やっちゃいます?」を歌唱。最後は、「大切な人を思い浮かべたり、感謝してる人を思い浮かべながら次の曲を聴いてください」とまこが述べ、デビュー曲「キミがいてよかった」をしっとりと歌い上げた。

 最後にみなみがお知らせごととして、「10月12日に初のシングルが発売されるんですが、その予約特典会で全国に行きたいと思います!」と発表し、ステージのモニターに映し出されたイベント会場名を一カ所、一カ所読み上げていった。「この場を借りてみなさんに伝えたいことがあります」とみなみが話を切り出すと、「7月7日にデビューが決定したんですけど、7月6日からツイキャスでみなさんと一緒に迎える瞬間が本当に幸せで、私たちにとってまこみなーず(まこみなファンの呼称)って家族だと思ってて、私たちが一人暮らしをして何が支えなのかって考えた時にまこみなーずが支えだなと思っていて。これからも私たちと一緒に新しいことを見つけてみんなで一緒に前進していきたいなって思ってるから。みんなこれからもよろしくお願い致します!」と涙ながら真摯に思いを伝えた。

 会場に集まったまこみなーずにふと視線を送ると、まこみなの歌唱にあわせて一緒に口ずさむ仕草や楽曲にあわせ振り付けを真似る様子、スケッチブックにまこみなへのメッセージを記載するなど、2人にむけた熱心なアピールが見て取れた。『MixChannel』をきっかけにブレイクしたまこみな。全国各地の熱心なまこみなーずが2人の訪れを待っていることだろう。

渡辺彰浩

最終更新:7/19(火) 19:16

リアルサウンド

なぜ今? 首相主導の働き方改革