ここから本文です

東京Vの“マスター”永井秀樹が語る最高のスパイク「重みがあった方がしっくりくる」【SPIKE WARS】―2

フットボールチャンネル 7/19(火) 15:00配信

遠い昔、まだラモス瑠偉がルイ・ゴンサウヴェス・ラモス・ソブリーニョだったころ、彼の所属する読売クラブが国士舘大学と練習試合をしたことがあった。試合後、ラモスはチームメイトの武田修宏に命じた。「いますぐ大学辞めてウチのチームに来いってあの選手に言ってこい! あれは天才だよ!」――。それから25年。ラモスをして天才といわしめた男、永井秀樹は目下、三浦知良に次ぐ日本で二番目に経験豊富なJリーガーである。この企画は、サッカー界の表も裏も知り尽くした男マスター・ナガイに、メーカーの枠組みを超えて各社のスパイクを試し履きしてもらい、その寸評とジャッジを公にしてしまおうという、おそらくは世界でも初めての試みなのである。今回は第2話をお届けする。

6足のスパイク登場

 東京ヴェルディ1969のクラブハウス。柔らかな日差しが差し込むテラスに、キングギア編集部が持ち込んだ6足のスパイクが並べられた。その顔ぶれは──。

1. NIKE/TIEMOP LEGEND VI HG-E
2. ASICS/DS LIGHT X-FLY 2
3. PUMA/EVOPOWER1.3FG
4. MIZUNO/WAVE GNITUS 4 JAPAN
5. ADIDAS/X15.1HG LE
6. UNDER ARMOUR/CLUTCHFIT FORCE HG JP

──さあ、いかがでございましょう、マスター・ナガイ。もう20年以上プロの世界で生きてきていらっしゃるあなた様でも、こういう光景はちょっと目になさったことがないかと。

マスター永井 「だね。同じメーカーのスパイクで違う種類が並んでるっていうのはあっても、こういうのはないな」

──今年からマスター・ナガイにはキングギアと契約していただいたわけですが、一般的な印象で言うと、“プーマづかい”の印象が強い。

マスター永井 「そらまあ、マラドーナに憧れた世代だからね」

──ちなみに使用したプーマのスパイクの中でベストワンをあげると?

マスター永井 「う~ん、一番長い期間履いたのはパラ・メヒコかもしれないけど、ベストとなると、Jリーグ開幕のころに履いてたスフィーダってやつかな。俺、カカト周りのフィット感をわりと重視するのね。スフィーダはその点が最高だった」

1/3ページ

最終更新:7/19(火) 15:21

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。