ここから本文です

2.5D、10日間連続イベント『LAST 10 DAYS』開催 渋谷PARCOの新たな門出祝う

リアルサウンド 7/19(火) 23:00配信

 2.5Dが、10日間連続イベント『LAST 10 DAYS』を開催することが決定した。

 2.5DStudioは、渋谷PARCOの一時休業とともにそのスペースをクローズする。同イベントは、7月29日から休業日8月7日までの10日間連続のイベントとして開催され、公式サイトにて各公演の詳細や追加情報を更新していくとのこと。

 同イベントの1日目は『MUSIC FORCE』と題し、<Maltine Records>をはじめ<Bunkai-Kei records>、<TREKKIE TRAX>、<MarginalRec.>といった音楽レーベルが集結。続く2日目は、『CREATIVE FORCE』として、AKIRA NAKAとTARO HORIUCHIによるトークセッション「Reincarnation」を開催。あわせて「日本アニメ(ーター)見本市」の資料集発刊を記念したトーク&サイン会を行う。

 また、3日目には、女性アーティストやクリエイターを『GIRLS FORCE』としてフィーチャーする企画を実施し、lyrical schoolとStereo Tokyo、TEMPURA KIDZの出演が決定している。8月6日は、2.5Dとレーベル<para de casa>とコラボし、8月7日にクローズするLOOP annexと連動した、ミッドナイトイベント「Last Dance_」を開催する。同企画には、CICADA、UKOをはじめ、Orland、Tomggg、tomadsが出演する予定だ。

 そして最終日となる8月7日開催の『2.5D in PARCO LAST PARTY』は、2.5Dがこれまで発信してきたカルチャーを1日に凝縮。ジャンル、レーベルを横断し、今後のクリエイティブシーンを担うアーティスト・クリエイターと共に、渋谷PARCO、2.5Dの門出を祝うラストパーティを行うとのこと。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/19(火) 23:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。