ここから本文です

Jリーグ放映権、近々発表か。チェアマン「事務方での整理業務が残っている」

フットボールチャンネル 7/19(火) 17:30配信

 Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)の来季放映権に関する発表が近々ありそうだ。19日、都内で理事会を開催し、それにともなう記者会見で村井満チェアマンが明らかにした。

【動画】J女子マネ佐藤美希とAKB小嶋真子がJリーグの魅力を語る!

 冒頭、チェアマンは「今日報告は一切申し上げられない」と、放映権に関しては未決定であることを強調。だが、理事会を1時間前倒しで開始したことを明らかにし、議論は大きく進展していることを示唆した。

 チェアマンは「若干、事務方での整理業務が残っている。それを踏まえた上で発表したい。日時などは後ほど発表する。繰り返すが、来季のことなので、そんなに時間をかけたくない」と語ったことから、来季放映権の契約企業は既に決まっており、あとは細部の詰めの段階と見られる。

 Jリーグは現在、スカパー!と契約を結んでいるのがその金額は30~50億円(年)と推測されている。来季契約の落札金額は年100億円以上と推定され、2~3倍以上になることが予想される。

 放映権を争っているのは既存のスカパー!、パフォームグループ、ソフトバンクの3社。それぞれが海外サッカーのコンテンツを保有しており、サッカーファンの囲い込みを狙っている。

 スカパー!はCS放送で現在同様のテレビでの視聴が中心になるが、パフォームとソフトバンクはオンデマンドサービスでの配信が中心になるという。この2社になればサッカーファンの視聴環境は大きく変わることになる。

 Jリーグファンが注目する放映権争い。通常であれば、9月に開催予定の理事会後の記者会見で発表されるが、早まる可能性もある。Jリーグはどのような決断を下すのか。未来を左右する重大発表の日はもう間もなくだ。

(取材・文:植田路生)

フットボールチャンネル

最終更新:7/19(火) 19:02

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。