ここから本文です

バルサも狙う注目株。ポルトガル代表の“逸材”獲得レースはレアルが有利か

フットボールチャンネル 7/19(火) 20:00配信

 レアル・マドリーは、ヨーロッパ中のビッグクラブが獲得を狙っているバレンシアのポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスの獲得レースに一歩有利な位置にいるようだ。18日付け『ムンド・デポルティーボ』が報じた。

 22歳のA・ゴメスはスペイン国内外で高い評価を受けている注目株。マンチェスター・ユナイテッドやチェルシー、さらにはバルセロナがポルトガルの逸材獲得に強い興味を示している。

 それらのクラブはすでに一度オファーを出し、バレンシア側は拒否していると言われているが、それはA・ゴメスをマドリーへの移籍させるためではないかと噂されている。

 マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長はバレンシアのオーナーであるピーター・リム氏と非常に仲が良く、さらに古くから付き合いもあって親しい関係にあるジョルジュ・メンデス氏がA・ゴメスの代理人であることから、やはり第一候補はマドリーではないかというのだ。

 しかしバレンシアはマドリーにもA・ゴメス移籍金である6500万ユーロ(約76億円)を要求しており、マドリーは有利な立場ではあるというだけで特別な待遇を受けるわけはないようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/19(火) 20:13

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。