ここから本文です

公開「IPO長者」ランキング! 前年比で数は増えるも規模は小型化

Forbes JAPAN 7/19(火) 8:30配信

2015年に新規株式公開(IPO)した企業は昨年の77社より約2割増えて92社。これは07年の121社以来の高水準だった昨年を超えた。そのうちの約9割で初値が公開価格を上回った。

「IPO長者」ランキング

しかし、上の表のとおりトップ20の企業のうち、株式分割を行った3社を除いた17社のうち、5月10日現在で初値を上回っている企業は6社のみ。2位にランクインした川西徹が設立したサンバイオは公開価格2,000円に対し、初値は公開価格割れの1,710円で、現在価格も1,570円と値を下げている。

同社のように初値が公開価格割れし、現在価格も公開価格を下回る企業が多いのも15年の特徴だ。サンバイオ以外にも、7位の佐藤航陽が創業したメタップスが、公開価格3,300円に対し、初値が3,040円で現在価格が1,440円と大きく下げているほか、シーアールイー、グノシーが株価を下げている。

ランキングは15年にIPOした企業の大株主をリストアップし、売り出し株数を引いた上で初値をかけて算出。そのため、上場時の時価が大きく、保有割合が多い創業者がランキング上位に入った。

「14年にはサイバーダインを代表として大型のIPOが目立ったが、15年は日本郵政という大型の上場があったとはいえ、14年と比較すると小型化したといえる。ベンチャー期待値は相変わらず大きいので、今年は市場が吸収しきれていないという印象だ」と、ランキングを作成したフィスコは見ている。IPO長者もうかれてはいられない、苦しい市場状況だといえよう。

*ランキングは普通株を対象。日本郵政はランキングの対象外とした。

Forbes JAPAN 編集部

最終更新:7/19(火) 8:30

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

なぜ今? 首相主導の働き方改革