ここから本文です

【7月18日決定の主な移籍】リャイッチとI・ファルケがトリノ、ロンカグリアがセルタへ!

SOCCER DIGEST Web 7/19(火) 15:55配信

ローマで構想外になった2人はいずれもトリノへ。

■アデム・リャイッチ
・24歳/FW/セルビア代表
・インテル→ローマ→トリノ(完全移籍)
・移籍金:850万ユーロ(約10億円)
 15-16シーズンにレンタル加入したインテルで結果を残せず買い取りが見送られたドリブラーは、保有元のローマでも構想外に。セルタやミランの関心も噂されたが、結局はトリノへと売却された。新天地の指揮官はかつてセルビア代表で揉めたシニシャ・ミハイロビッチだが、本人は「ミハイロビッチに再会できて嬉しい。彼は僕のキャリアの中でとても重要な影響を与えた監督だからね。彼の信頼に応えたい」とすでに遺恨がないことを強調する。
 
 
■イアゴ・ファルケ
・26歳/FW/スペイン国籍
・ローマ→トリノ(1年レンタル)
 昨シーズンは前半戦こそレギュラークラスだったが、後半戦は冬に加入したステファン・エル・シャーラウィとモハメド・サラー、ディエゴ・ペロッティとの争いに敗れてベンチ要員に。リャイッチと同じくローマで余剰戦力となり、トリノにレンタルされた。「トリノ・サポーターの温かさや情熱は対戦相手としていつも感じていた。彼らの声援を背に戦えることを楽しみにしている」と意気込む。
 

【2016年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ

■マルティン・ハルニク
・29歳/FW/オーストリア代表
・シュツットガルト→ハノーファー(フリートランスファー)
 15-16シーズンのシュツットガルトでは怪我もあり持ち前のダイナミズムが鳴りを潜め、EURO2016でも精彩を欠いたため、関心が噂された故郷のクラブであるハンブルクを含めて、フリーエージェントながら有力クラブからはオファーが届かず。結局は2部に降格したハノーファーと契約を結び、1部復帰を目指すことになった。

ロンカグリア争奪戦を制したのはセルタ!

■ファクンド・ロンカグリア
・27歳/DF/アルゼンチン代表
・フィオレンティーナ→セルタ(フリートランスファー)
 アルゼンチン代表の一員としてコパ・アメリカ・センテナリオにも参戦していたDF。フィオレンティーナとは今夏で契約満了を迎え、ラツィオやトラブゾンスポル、さらには古巣ボカなどの関心も取沙汰されたが、セルタが争奪戦を制した。足技とスピードを兼備し、CBと右SBでソツなく機能するだけに、新天地でも貴重な戦力となりそうだ。


 
■フェルナンド
・24歳/MF/ブラジル代表
・サンプドリア→スパルタク・モスクワ(完全移籍)
・移籍金:1300万ユーロ(約15億6000万円)
 攻守に汗をかけるボランチが、1300万ユーロでスパルタク・モスクワへ。1年前にシャフタールから800万ユーロで購入したサンプドリアとしても、しっかりと利益を上がる好ディールとなった。本人は「モチベーションに溢れている。妻もロシア行きに同意してくれたし、ここでの新しい挑戦が楽しみだ」とコメントしている。
  

 

最終更新:7/19(火) 16:01

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ