ここから本文です

みんなが知りたい、テイラー・スウィフトと元恋人との共作についての疑問

ローリングストーン日本版 7/19(火) 15:00配信

テイラーが『ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー』に対して持つ権利とは?なぜ"今"話題を集めることになったのか?

テイラー・スウィフト、元恋人カルヴィン・ハリスの最新シングル曲を共作

テイラー・スウィフトのファンの憶測は正しかった。テイラーの代理人が、カルヴィン・ハリスとリアーナのコラボレーション曲『ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー』の作詞のクレジットにあるNils Sjobergの正体が、テイラー・スウィフトであることを公式に発表した。

テイラーの元恋人カルヴィン・ハリスも、テイラーが歌詞を書き、曲の一部のヴォーカルを担当したことを認めている。その一方で、DJ界のスーパースターのカルヴィンはTwitterで、テイラー側が秘密を明かしたのは「元カレを傷つけること」が理由で、テイラーには「ケイティ(・ペリー)の時みたいに葬る相手が新たに必要」であったのではないかと主張した。カルヴィンの怒りのツイートは、元恋人テイラーとのコラボレーションが実現した経緯に対する疑問を残すこととなり、この話題もより複雑化した。カルヴィンの代理人は、この件に関するコメントを控えている。

なぜテイラー・スウィフトは、コラボレーションを秘密にしていたのか?

「彼女が秘密にすることを望んでいたから、別名義になったわけ」とカルヴィンはツイートし、テイラーがBMIにも登録されている偽名Nils Sjobergを使用したことを認めた。『ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー』は、テイラーがクレジットなしにヴォーカルの一部を担当しているが、テイラーが作詞のみをクレジットされた楽曲としては、ケリー・ピックラーの『ベスト・デイズ・オブ・ユア・ライフ』に続く2 曲目となる。テイラーといえば、ライヴで多くのカヴァー曲を披露することはあるものの、他のアーティストの作品にゲスト参加することはめったにない。そんな彼女が、最後に恋人とコラボレーションを実現させたのは、ジョン・メイヤーの『ハーフ・オブ・マイ・ハート』に参加した2010年のことだった。

1/2ページ

最終更新:7/19(火) 15:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他