ここから本文です

ボウイのアート・コレクション、展示会とオークションへ:13億円超の売上となる見通し

ローリングストーン日本版 7/19(火) 19:00配信

ダミアン・ハースト、ジャン=ミシェル・バスキアらの作品が注目されるデヴィッド・ボウイの厖大なアート・コレクションが11月、競売にかけられる予定だ。

【動画あり】ボウイのアート・コレクション、展示会とオークションへ:13億円超の売上となる見通し

"ボウイ/コレクター"三部制販売会は、亡くなったデヴィッド・ボウイの約400点以上の蒐集品が取り上げられ、総額で1300万ドル(約13億円)以上の売上が期待されている。

オークションに出品される作品のセレクションは、サザビーズのウェブサイトで確認でき、作品の総図録は先行予約による購入が可能だ。ボウイのコレクションで注目されるのは、ダミアン・ハースト、フランク・アウエルバッハ、ヘンリー・ムーア、ジャン=ミシェル・バスキアらの現代美術の大家の作品と並んで、彫刻、デザイン家具、そして、イタリアのアッキーレとピエール・ジャコモ・カスティリオーニ兄弟による風変わりなレコード・プレイヤー"シックスティーズ"などがある。

ファッションや舞台演劇のように、アートは長い間、ボウイの音楽とオーラに深く結びついていた部分だったが、サザビーズはこのミュージシャンの美術品収集家としての一面については、「ほぼ完全に世間の目から隠し続けていたようだ」と指摘する。

サザビーズ・ヨーロッパの会長、オリバー・バーカーはボウイのコレクションについて、「偏りのない、台本なしの自然で、控えめなもの」と付け加え、「20世紀の偉大なクリエイティヴな精神を持つ人物の個人的な世界、彼のユニークな視点をご提供できるでしょう。」と語った。

ボウイのコレクションのハイライトは、ロンドンのサザビーズで7月20日から8月9日まで展示される。その後、9月20日と21日にロサンジェルス、9月26日から29日まではニューヨーク、そして10月12日から15日まで香港で展示される。本番のオークションは、ロンドンで11月10日と11日に開催される予定だ。

Translation by Kise Imai

JON BLISTEIN

最終更新:7/19(火) 19:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。