ここから本文です

矢倉には将棋の醍醐味が詰まっている

NHKテキストビュー 7/19(火) 8:00配信

『NHK 将棋講座』では、村山慈明(むらやま・やすあき)七段が講師を務める「村山慈明の知って得する序盤術」が好評連載中です。7月からの3か月は、相居飛車の戦いを見ていきます。今月のテーマは矢倉。自身も矢倉党だという村山七段は「矢倉ならではの充実感を味わっていただきたい」」と語ります。



* * *



矢倉は香まで含めてすべての駒が働き、真正面からぶつかる攻めと受け、手に汗握る攻め合い、入玉をめぐる攻防など、将棋の醍醐味をたっぷりと味わえる戦型です。私自身、矢倉を指しているときは充実感、満足感があります。この講座で皆さんが矢倉を始めて、そうした感動を共有できれば、これにまさる喜びはありません。


■子どものころから矢倉党


私は祖父に将棋を教わったのですが、祖父が居飛車党だった影響で私も自然に居飛車党になりました。私が子どものころは矢倉が盛んな時期で、NHK杯戦や新聞の観戦記ではよく矢倉を目にしたものです。そうした影響もあってか、子どものころから矢倉党でした。


■矢倉漬けだった奨励会級位者時代


いちばん矢倉を指していたのは奨励会のころでしょうか。級位者のときは先手でも後手でも、とにかく矢倉。棋界は4六銀・3七桂型の全盛期でした。奨励会では渡辺明竜王とも指したことがあり、渡辺1級と村山1級の戦いが矢倉になりました。2人ともまだ中学生なんですが、一人前に羽生善治名人と森内俊之九段の実戦例を踏襲。このときは事前研究が生きて、私が勝ちました。



ちなみに、渡辺二段と村山初段で矢倉を指したこともあったと、当の渡辺さんに言われました。内容は私の頓死負け。私は戦型が矢倉だったことくらいしか覚えていませんでした(笑)。


■歴史のある戦型 総合力が試される


40代~50代の棋士と矢倉を指すと、不利だと感じることがあります。これは矢倉が昔の定跡に誘導しやすいから。経験で差をつけられてしまうんですね。一方で、力を出しやすいのは矢倉のよさです。角換わりや横歩取りと比べて、研究にはまってもすぐに負けることはありません。私は受けの棋風なので、後手番では矢倉が特に気に入っています。あるとき藤井猛九段に「矢倉と言えば村山だな」ということを(冗談かもしれませんが)言われたときは、うれしかったですね。



■『NHK将棋講座』2016年7月号より

NHK出版

最終更新:7/19(火) 8:01

NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。